ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

尾道市立栗原北小学校 成果と課題

1 道徳の時間

・T.Tと打ち合わせをし,教材を工夫するなかで,児童は興味を持って授業に臨み,自分のことを振り返ることができるようになりました。
・より多くの価値に気付き,考えを深める授業づくりを続けていきます。

2 その他の時間(・各教科・特別活動・総合的な学習の時間・家庭の連携)

・「道徳の時間」で学んだことを生活科(公園でのマナー・幼稚園児との接し方・あさがおの世話など)で生かすことができました。
・「総合的な学習の時間」でのインタビューでは,道徳で学んだ公共のマナーを生かすことができました。
・「道徳の時間」で学習したことが,その他の時間に反映できるよう関連させ,継続して指導に取り組みます。

3 児童の変容

・休憩,掃除時間など,相手の気持ちを考えた言動が見られるようになりました。
・日々の生活の中で,めあてを持ったり,意識して行動したりすることが多くなりました。
・自分の思いを素直に話し,友だちの意見を聞き合える学級集団作りをめざします。

4 尾道市道徳教育共同実践研究会をうけて

・校内だけに限らず,周辺校を交えての研修となり,広く多くの先生方との交流が活発になることで研修を深めることができました。
・事務局会を開き,研修のテーマを決めることで,研修のめあてを持って授業を作り,授業について協議することができました。
・各校の実践の様子などを交流するなかで,尾道市全体の道徳教育について考え合うことができました。

直線上に配置

トップページ 取組みの概要 実践のポイント

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする