ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成30年度道徳教育実践研究委員会(第4回)【高等学校部会】

日時

平成30年11月6日(火) 13:25~16:40

場所

広島県立沼南高等学校

参加者

●「道徳教育改善・充実」総合対策事業のメニュー1における推進校担当者
●広島県教育委員会関係者

内容

開会挨拶

広島県教育委員会 豊かな心育成課 道徳教育係長 蓮浦 顕達

広島県立沼南高等学校 校長 沖井 信

推進校における実践交流等 

〇実践報告・協議
 前回の道徳教育実践研究委員会で協議したことを踏まえ,その後の各校の取組状況について,研究の進捗状況も踏まえて交流するとともに,道徳教育推進教師を中心とし,学校全体で道徳教育を推進していく際の課題やそれを克服するための改善策について協議を行いました。

研究授業

第1学年2組
授業者 阿部 淳子 教諭
科目等 保健
単元名 「心の教育のために(自己実現は心の健康につながる)」(大修館書店「改訂版 最新高等 保健体育」)

授業1 授業2 授業3
 【授業の様子】                                  

授業における研究協議

〇道徳教育の視点を踏まえた授業になっていたかについて協議しました。

 協議1 協議2 協議3 
  【協議の様子】 

講話

<講師>くらしき作陽大学 教授 秋山 博正
<演題>「高等学校における道徳教育の基本」

 講師1 講師2 
【講話の様子】

1 教育課程編成の原則(第1章第1款の1)
2 高等学校における道徳教育の在り方
3 道徳教育推進のための手がかりー先進校にみる共通点ー
4 実践事例ー豊かな心を育む教育活動の具体例ー

講師資料 (PDFファイル)(598KB)

                                                     

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする