ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成27年度道徳教育実践研究委員会(第3回)

日時

平成27年7月15日(水) 10:00~16:30

場所

福山市立城東中学校

参加者

●「道徳教育改善・充実」総合対策事業のメニュー1における推進リーダー教師及び推進校担当者

●「道徳教育改善・充実」総合対策事業のメニュー2・3における推進地域代表担当者

●広島県教育委員会関係者

●各市町教育委員会の道徳教育担当者(希望)

●研修会場の近隣校教職員(希望)

内容

開会挨拶

広島県教育委員会 豊かな心育成課 課長補佐(兼)道徳教育係長 山田 幸治

挨拶

【挨拶の様子】

研究協議1 

〇実践報告・協議「情報モラルの問題に留意した道徳の授業」  

 テーマ「情報モラルの問題に留意した道徳の授業」に基づいて実践した授業について報告し,協議を行いました。 

 研究協議1の画像1 研究協議1画像2

【協議の様子】

講義

広島県教育委員会 豊かな心育成課 道徳教育係 指導主事 金子 京子

〇情報モラルの問題に留意した指導について

<内容>

1 はじめに
2 情報モラル教育
3 情報モラルと道徳の内容
4 情報モラルへの配慮と道徳の時間

配付資料 

報告

〇研究授業のポイントについて

   福山市立城東中学校 教諭 谷本 昌弘

 授業ノポイント説明

【説明の様子】

研究授業

 第2学年

 主題名 「自他に誠実に」

 内容項目1-(3)

 資料名 「見えてきた世界は」 

 出 典  愛知県愛西市立八開中学校 教諭 鈴木賢一 作より 一部改作

授業の様子1 授業の様子2

【授業の様子】

研究協議2

〇協議の柱「道徳の時間の特質を踏まえながら,情報モラルを身に付けさせるために有効であったか」

 研究協議2の画像2 研究協議2の画像3

【協議の様子】

〇資料の原作者である,愛知県愛西市立八開中学校 鈴木賢一教諭も協議会に参加され,御助言いただきました。

鈴木先生

講演

<講師> 香川大学教育学部 准教授 植田 和也 

<演題> 「情報モラルを育む道徳の授業づくり」

<内容>

〇藤岡先生,谷本先生の授業に学ぶ

1 情報化社会の進展の中で生きる子どもたち

2 情報モラルに関する調査より
(1)情報活用能力調査の結果について

3 「ネット上のいじめ」や法規定(犯罪)との関連

4 情報モラルを育む道徳の授業づくりにおいて
(1)道徳授業の要といえる資料分析,吟味をしっかりと
(2)教師としての指導観~中心となる内容項目(価値内容)についての分析~
(3)日常生活につなげるための工夫をどのように考えるか

5 学校の教育活動全体で道徳教育(情報モラルを育む教育)に取り組む大切さ
(1)組織としての推進
(2)個の役割と組織の活性化
(3)校種を超えての連携と互いの内容理解

講演

【講演の様子】

講演資料

閉会挨拶

広島県教育委員会 豊かな心育成課 課長補佐(兼)道徳教育係長 山田 幸治                                                     

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする