ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

心のノートを効果的に活用した指導 指導のポイント

(1)  学校の研究テーマとのかかわりをもたせた活用を考えること(研究構想図へ位置づけ)

(2)  学校の教育活動全体で効果的に活用すること

(3)  活用場面について,校長の方針の下,道徳教育推進教師が中心とした道徳教育推進委員会(各学年の道徳担当が位置付く)で検討すること

研究構想図

 学校教育目標

生徒一人ひとりの可能性を最大限に伸ばし,心も個性も豊かな人間の育成を図る

矢印

 矢印めざす子ども像矢印

自ら学び,自ら考え判断し,自ら行動できる自立した生徒

自分と仲間を大切にし,共に学び合い,高め合う生徒

心と体をしっかり動かして,何事にも一生懸命に取り組む生徒

研究テーマ

「集団としてのきまりを尊重し規範意識をはぐくむ道徳教育」

~生徒どうしの共感する力や思いやりの心,協力し合う態度の育成を通して~

 【仮説】

 共感する力や思いやりの心,協力し合う態度を育て,集団や社会の一員としての自覚と責任を育む道徳教育を推進すれば,集団としての規範意識を高めることができるであろう。

高い規範意識の育成

矢印

全教育活動における道徳教育の推進

多様な場面での「心のノート」の活用

トップページへ 指導計画へ 指導の実際へ

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする