ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

江田島市立江田島小学校 取組みの概要

本校は平成18年度から2年間,児童生徒の心に響く道徳教育推進事業指定校(文部科学省委嘱事業)を受け,特別活動の実践活動を道徳的実践の場ととらえ,道徳教育と効果的な関連を図りながら,子どもたちの豊かな心の育成に取り組んでいる。

 児童一人一人が,自分自身や未来をしっかり見つめ,人間としてよりよく生きるために必要な道徳性を主体的に身につけていく道徳教育と,望ましい集団活動を通して,個性の伸長や豊かな人間性,社会性を育てることをねらいとする特別活動とを響き合わせ,相手を思いやり,仲間と協力し合うことができる児童の育成を図っている。

授業の様子

子どもたちが自分の考えだけでなく,友だちの考えのよさも受け入れながら,学級のみんなで話合い決めていく。

そして,決まったことは全員で協力し,助け合いながら進める,そんな子どもたちの姿をめざしています。


話合い活動の様子〔学級活動(1)〕

授業の様子

みんなのために働いたり協力し合ったりすることについて考える道徳の時間では,友だちの考えにもふれる中でみんなのために働くことが,どんなに心地よいことか感じられるようになっていきます。

それは,集団の一員としての自覚を深めるときでもあります。


生活のふりかえり〔道徳の時間〕

研究構想図

 

研究構想図

トップページへ 実践のポイント(1) 実践のポイント(2) 成果と課題へ

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする