ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

府中市立栗生小学校 成果と課題

成果

○  研究テーマにある「豊かな心」や「よりよく生きようとする」ことについて,職員で考え合い仮説をもとに道徳教育に取り組むことができた。
○  昨年度の研究成果に基づき,ねらい・資料・授業展開について研究を積み上げた。

  •  資料分析をし,ねらいを明確にすることで,資料のどこをどんな展開でどのように取り上げるべきか,考えることができた。
  •  事前研修や模擬授業を通して,ゆさぶり発問や切り返し発問をすることで,児童のより深い発言を引き出したり,考えを伝え合わせたりすることができた。 
  •  資料提示の方法やタイミングを工夫することで,資料に引き込ませたり,場面の状況を的確につかませたりすることができた。 

○  総合単元的な道徳学習を進めることで,道徳で学んだことを生活に生かしたり,生活をふり返りながら道徳の時間で発言したりするなど,自分とのかかわりで価値について考えていくことができた。

○  事前研究を深め,職員全員のものとするために,模擬授業を行った。発問の内容やタイミング・児童の反応・板書等,展開の仕方や児童の思考の深まりについて,具体的なイメージを共有しながら研修を深めることができた。道徳の時間では,ねらいにせまる児童の発言をとり上げて考えさせたり,切り返し発問をすることで,深めたり広げたりすることに生かすことができた。

課題

  •  道徳の時間に学んだことが生活の中でも生かされるように,総合単元的な道徳学習の構成の仕方や内容の関連性についてより深めていく。 
  • 友達の考えや思いに共感する・反論する・確かめる等のかかわりを増やし,お互いの考えを尊重し深め合う授業づくりについてさらに研修を深める。 
  • 保護者や地域の方が「豊かな心」をどのようにとらえられているかを把握し,さらに学校と家庭,地域が一体となった道徳教育を進める。 

トップページへ 取組みの概要へ 実践のポイントへ

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする