ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大竹市立小方小学校 実践のポイント

実践のポイント

「伝え合う力」をつけるための指導方法の工夫・改善

発表の様子1この班は、「さかなつり」のおもちゃについて、作り方などをまとめた表を指差しながら、聞き手に分かりやすく発表しています。アナウンサーみたいに話せるかな。
発表の様子2
発表の様子3「司会者」と「解説者」それぞれ役割を決めて、発表に取り組みました。

伝え合う場の設定

↓

人とかかわることの価値に気づく授業づくり-対話・聴き合い活動を通して-

聴き合い活動の後は、ほぼ全員が挙手します。友だちに聴いてもらって、自分の考えに、自信が持てるようです。お互いの考えを聴き、価値についての自分の考えを深めるための聞きあい活動をしています。自然な雰囲気で友だちの考えに耳を傾ける姿勢も育ってきました。

隣の友だちと対話をした後、発表しています。相手がしっかり聞いてくれているので、安心して発表できます。

トップページへ 取組みの概要へ 成果と課題へ

 

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする