ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

庄原市立西城中学校 取組みの概要

取組みの概要

 研究主題

 生徒の心に響く道徳教育の推進

 めざす生徒像

「自分を大切にし,仲間を大切にできる生徒」
○目標を持って,何事にも粘り強く取り組む生徒
○場面や目的に応じたコミュニケーションを図り,お互いの個性や思いを尊重する生徒
○仲間と協力して,課題を解決していこうとする生徒
○地域を大切にする生徒

↑

道徳的実践力の育成
人間関係形成能力,情報活用能力,将来設計能力,意思決定能力の育成

↑

取組みの場面

取組みの場面の図

↑

取組みの柱

(1)道徳教育と生徒指導,キャリア教育の関連を図った授業改善を進める。

(2)生徒の実態に即した資料の選択,開発や,体験的な活動と関連づけた指導方法,指導体制の工夫による道徳の時間の充実を図る。

(3)自己決定の場,自己存在感を与える指導,共感的人間関係を基盤とした指導を,全ての教育活動において実践する。

(4)保護者や地域の資源,人材等の活用を図る。

↑

生徒の実態

・生徒会活動を中心に,主体的に取り組んでいる。

・社会性が不足し,人間関係づくりや接し方に未熟さが感じられる生徒がいる。

・集団の中での存在感や,自己実現の喜びを味わえない生徒がいる。

・集団としての規範や規律が徹底しないまま生活している状況がある。

トップページへ 実践のポイントへ 成果と課題へ

 

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする