ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

府中市立栗生小学校 取組みの概要

取組みの概要

取組みの概要の図

 本研究は,道徳教育の要である道徳の時間の授業づくりを核に位置づけ,家庭・地域との連携を深めながら,
様々な「人」・「もの」・「こと」とのかかわりを考慮した総合単元的な道徳学習を構想し実践したものである。
 学校と家庭・地域社会が連携し,一貫した教育活動を行うことは,児童一人ひとりの道徳性を培う上で効果的
であった。本年度は,さらに授業づくりを充実させるために,「資料分析」「思考活動を活発にするための発問の
工夫」に重点を置き,研究を進めている。

ライン

トップページへ 実践のポイントへ 成果と課題へ

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする