ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和4年度教頭・主幹教諭採用候補者選考試験について

県内公立学校に勤務する教職員を対象に,教頭又は主幹教諭への任用希望者を募集します。

1 趣旨

本県では,一人一人の教職員が能力や特性を最大限に発揮し,組織として機能する活力ある学校づくりを推進しているところである。
このことを踏まえ,令和4年度の教頭・主幹教諭採用候補者選考に当たっては,実績とともに意欲を重視し,自ら教頭又は主幹教諭に任用されることを希望する者(以下「希望者」という。)の中から適任者を任用する。

2 応募資格

(1) 教頭

県内公立学校に勤務する教職員のうち,昭和40年4月2日以降に生まれた者で,学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第23条に定める教頭資格を有する者とする。

 (2) 主幹教諭

県内公立学校に勤務する指導教諭,教諭,養護教諭及び栄養教諭のうち,昭和40年4月2日以降に生まれた者で,教育に関する職に10年以上ある者とする。

3 申込方法

希望者は,教頭・主幹教諭採用候補者選考試験受験調書(以下「受験調書」という。)を作成し,県立学校長又は市況教育委員会教育長が定める日までに校長へ提出する。なお,県教育委員会への提出締切は,令和3年7月1日(木曜日)とする。

 ※受験調書にはり付ける写真は縦5cm×横4cm,上半身無帽,正面向きで3か月以内に撮影したもので,カラー写真とすること。

 【小中義務教育学校用】受験調書 (Wordファイル)(43KB)

 【小中義務教育学校用】受験調書 (PDFファイル)(174KB)

 【県立学校用】受験調書 (Wordファイル)(43KB)

 【県立学校用】受験調書 (PDFファイル)(175KB)

4 選考方法

(1) 筆記試験 令和3年8月1日(日曜日)
  法規等(60分)
  小論文(100分)

(2) 面接試験 
  小中義務教育学校:令和3年9月又は10月(予定)
  県立学校:令和3年8月下旬から10月上旬までの間(予定) 
  面接試験受験の可否は別途通知する。

 5 その他の注意事項

提出された書類は返却しない。

新型コロナウイルス感染症に係る状況等により,試験の実施方法等を変更する場合は,別途通知する。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする