県外からも参加!「ひろしまサンドボックス」進行中!

2019年6月21日

「ひろしまサンドボックス チャレンジ大作戦!」の様子

5月に開催された「ひろしまサンドボックス チャレンジ大作戦!」。 ひろしまサンドボックス推進協議会の会員約150人が参加し、ひろしまサンドボックスをみんなで考え、盛り上げるため「作戦会議」を行いました。

9つの実証実験が進行中

AIやIoTなど最新のデジタル技術を使い、地域の課題を解決する実証実験の場を作っている「ひろしまサンドボックス」。 県内はもちろんのこと、県外あるいは海外の企業や研究機関なども参加し、技術や知見、アイデア、データなどを広島県に持ち寄って、「砂場 (サンドボックス)」のように試行錯誤しながら、新たなチャレンジを進めていることも特徴です。

話題の「AI」「IoT」って何?最新技術を活用した広島県の取組 - こちら広報課「今週のトピックス」

2018年から始まったこの取組では、これまでに89件の応募があり、現在、その中から選定された9つの実証実験が進められています。 そのうち3つのプロジェクトを簡単にご紹介します。

【プロジェクト1】 島しょ部傾斜地農業に向けたAI/IoT実証事業 ~ICT(愛)とレモンで島おこし~

島しょ部傾斜地レモン栽培での実証実験の様子
課題

レモンは島しょ部傾斜地で栽培されていることが多いため、個人への負担が重くなりやすく、また作業効率も悪くなりがちです。 さらには、高齢の生産者による勘と経験による栽培が中心となってしまっていることも、農業全般に共通する課題の1つとなっています。

実証実験
  1. 空気中の温度湿度、照度、土壌水分量等を測るセンサーとデータ送信を活用した農業のデジタル化
  2. 安価で導入が可能なロボットの活用
  3. 情報連携による地域課題解決や生産者の人手不足解消

これら3本の実証実験の柱を軸に、一人当たりの耕作可能面積の拡大を目指しています。

【プロジェクト2】 スマート牡蠣養殖IoTプラットフォーム

牡蠣養殖での実証実験の様子
課題

牡蠣の養殖の重要なポイントとなる幼生の採取 (ホタテ貝殻へ幼生を付着させる) は、年によって大きなばらつきがあり、事業者にとって大きな負担となっています。 また海上ではリアルタイムな通信環境がなく、現場に行かなければ状況把握が難しいため、熟練者の経験による判断に頼ることが多くなってしまっています。

実証実験

ドローンによる撮影画像の分析や、現地センサーによる温度、風速、海の栄養状態などの牡蠣養殖に関するデータの収集を行います。 また、収集したデータはAIを用いて高速処理し、これまで熟練者の「暗黙知」だったことを、養殖に携わる人すべての「形式知」に変えることに取り組みます。 加えて、漁業者にデータ配信するための効率の良い通信インフラの構築にもチャレンジしています。

【プロジェクト3】 保育現場の「安心・安全管理」のスマート化

保育現場での実証実験の様子
課題

保育現場での子どもの「安全管理」においては、保育士が担う責任や心理的負担が少なくありません。 加えて、アナログな業務による作業負担も多いことなどが、保育士不足などの社会問題にも影響していると考えられます。

実証実験

午睡センサーの導入によるチェックの自動化などにより、心理的負担の軽減を図ります。 また、非接触体温計などの各種センサーや、ウェブ上でのデジタル連絡帳なども利用し、業務効率化にも取り組んでいます。 その際、保育士へのストレスチェックなども行い、新しいシステムやサービスの活用状況の検証なども実施しています。

さらなるチャレンジに向けて

「ひろしまサンドボックス チャレンジ大作戦!」の様子

2年目を迎える、ひろしまサンドボックス。冒頭の「ひろしまサンドボックス チャレンジ大作戦!」では、参加した、ひろしまサンドボックス推進協議会の会員から「地元の人が持つ情報を活用したい」、「県民の方々へのPRを積極的にしてもらいたい」という声も上がっていました。 そういった声にも応えるべく、そして、これまで以上にチャレンジしやすい環境を整えるため、県では新たなサポートメニューも用意しています。

その中には、例えば、次世代通信規格5Gのネットワークや端末、関連システムの利用支援 (NTTドコモ社提供) や、実証実験施設を活用したプロトタイプ開発等のハンズオン支援 (KDDI社提供) など、大手プラットフォーマーが持つ技術や機器、施設などを活用できるようになるというものも含まれており、1者でも応募できるようになることから、より柔軟なチャレンジが期待されています。

多種多様なプレイヤーが、地域の課題に対して、アイデアや技術を持ち寄り、チャレンジを重ねることによって、イノベーションが生まれるのだと思います。 今後のひろしまサンドボックスにもご期待ください。

サンドボックスが「インプレスDXアワード2018」総合グランプリ! - こちら広報課「今週のトピックス」
話題の「AI」「IoT」って何?最新技術を活用した広島県の取組 - こちら広報課「今週のトピックス」
渋谷区とも連携した「ひろしまサンドボックス」始動!会員募集! - こちら広報課「今週のトピックス」
ひろしまサンドボックス (外部サイト)

月刊こちら広報課 2020年3月号 「健康寿命の延伸」

県の「健康寿命の延伸」の取組を総まとめ!