サンドボックスが「インプレスDXアワード2018」総合グランプリ!

2019年2月15日

ひろしまサンドボックス

広島県では、AIやIoT等のデジタル技術を活用し、新たな付加価値を生み出し、より効率的な生産活動の実現を目指す「ひろしまサンドボックス」事業を進めています。

AI・IoTって何?サンドボックスって何?という方はまずはこちらをチェック

この度、株式会社インプレスが主催するインプレスDX (デジタルトランスフォーメーション) アワード2018で、ひろしまサンドボックスがプロジェクト部門 (自治体) において「グランプリ」、全部門においても「総合グランプリ」を受賞しました!

インプレスDXアワードとは?

インプレスDXアワードの模様

インプレスDXアワードは、株式会社インプレスが主催する、デジタルテクノロジーを使った新たなビジネスモデルや社会サービスの実現に向けた取組、そしてそれらを実現するための製品やサービスを審査・表彰するもの。 平成29年10月1日から30年9月末までにインプレスが掲載した関連記事と、公募期間での応募の中から5部門、7カテゴリーの受賞者が決定されました。

アワードの詳細はこちらから (外部サイト)

今回の受賞における選定理由としては「県全体を実証実験環境に位置付け、県内外から多彩な人材やアイデアを引き寄せることで、地方の課題解決に総合的に取り組もうとしている」「自治体と共同の実証実験を通して、地域の問題を早期に発見・検証し、ビジネス化まで進むことが期待できる」とされています。

ひろしまサンドボックス 勢いが加速中!

牡蠣養殖のデジタル化にチャレンジするチームの様子

「ひろしまサンドボックス」では、関係者が広く情報交換等を行える場「ひろしまサンドボックス推進協議会」に600者を越える参加をいただくなど、県内外から非常に多くの関心を集めています。 集まった600の会社や団体の皆さんからさらに新しいチャレンジが生まれるように、今後も取組を進めていきます。 さらに、新たな実証実験もスタート! 牡蠣の生産現場の課題解決などに挑戦中です! その他、気になる実験の内容等はこちらをチェックしてみてください。

地方版IoT推進ラボホームページ (外部サイト)

ますます勢いが加速していく「ひろしまサンドボックス」の今後の展開をお楽しみに!

ひろしまサンドボックス (外部サイト)
広島県IoT推進ラボ - 地方版IoT推進ラボホームページ (外部サイト)
ひろしまサンドボックス推進協議会 - 広島県ホームページ
話題の「AI」「IoT」って何?最新技術を活用した広島県の取組 - こちら広報課「今週のトピックス」
カープ道×ひろしま県民テレビ「最先端テクノロジーが広島に集う!」 - ひろしまけんインターネットチャンネル
イノベーション立県 - 広島県ホームページ

月刊こちら広報課 最新号はこちら