今年は選挙イヤー。「統一地方選挙」って?

2019年2月1日

投票イメージ画像

今年は4年に一度の統一地方選挙と3年に一度の参議院議員選挙が重なる「選挙イヤー」。 また今回は、平成28年に選挙権が「20歳以上」から「18歳以上」に広がって初めてとなる統一地方選挙です。 そこで、未来を担う若い人たちにも理解していただけるように、4月に向けて少し予習をしてみましょう。

「統一地方選挙」とは、地方自治体の首長 (知事や市町村長) と議会の議員の選挙について、投票日などの期日を統一して全国一斉に行うもの。 今回が19回目で、経費の削減や、多くの人に選挙に対する関心を高めてもらおうと、全国的に日にちを統一して行われます。 平成31年春の「統一地方選挙」では、知事選挙・道府県議会議員選挙・政令指定都市の市長と議員の選挙が4月7日、それ以外の市区町村の首長と議員の選挙は4月21日に行われます。 広島県内では、4月7日に広島県議会議員選挙、広島市長・市議会議員選挙が、21日に尾道市、三次市の市長選挙などの8選挙が予定されています。

投票日 選挙
4月7日 広島県議会議員選挙
広島市長選挙
広島市議会議員選挙
4月21日 尾道市長選挙
尾道市議会議員選挙
三次市長選挙 (市議補選あり)
呉市議会議員選挙
東広島市議会議員選挙
大崎上島町長選挙
熊野町議会議員選挙
坂町議会議員選挙

投票に行こう!

未来の有権者部門の表彰

広島県明るい選挙推進協議会及び広島県選挙管理委員会では、投票への参加や不正のない明るい選挙を呼びかけるために、広島県議会議員選挙のキャッチコピー (啓発標語) を募集。 募集にあたっては、「一般の部」に加えて、「未来の有権者部門」を新設し、計1,906作品の応募の中からそれぞれの最優秀作品を決定しました。

一般の部

一票を投じる背中 おとなだね。

広島市安佐南区 石田浩子さん (50歳代) の作品

未来の有権者部門

未来を決める人になれ!!

広島県立広島皆実高等学校 木付恵笑さん (高校2年生) の作品

1月22日には広島県立広島皆実高等学校で「未来の有権者部門」の表彰式と選挙出前講座、模擬投票を実施。 選考に携わった広島FMの大窪シゲキさんからは、「テストで一点違えば、補習を免れることがある」と1票の重さと投票の大切さが呼びかけられました。

模擬投票の様子

市町や県の選挙管理委員会では、今後も小・中学校、高等学校、大学などで選挙出前講座を開催していきます。 また、県議会選挙に関するQ&Aをホームページでまとめています。 わからないことがあれば、ぜひこちらをチェックしてみてください。

広島県議会議員選挙Q&A

選挙にコ~イ!めいすいくん

広島県議会議員選挙Q&A - 広島県ホームページ
選挙管理委員会 - 広島県ホームページ
広島県議会ホームページ

月刊こちら広報課 2019年11月号 「働き方改革」

県の「働き方改革」の取組を総まとめ!