働きたいママを応援!わーくわくママサポートコーナーへ行こう

2018年10月19日

わーくわくママサポートコーナー ホームページ

働きたいママを応援する場所、「わーくわくママサポートコーナー (外部サイト)」をご存知ですか? 広島と福山に相談コーナーがあり、窓口で気軽に無料で個別相談をすることができます。

わーくわくママサポートコーナー入口

「わーくわくママサポートコーナー」は、「ブランクが長くて不安…」、「子供の保育園が見つからない」、「何がしたいのか分からない」等、働く前のママの不安を解消してくれます。 でも、具体的にどんな相談に乗ってくれて、どんな支援が受けられるのでしょうか? そこで今回は「わーくわくママサポートコーナー アンバサダー」で TONOERU 代表の藤岡佳子さんにインタビューをさせて頂きました!

藤岡佳子さん

「わーくわくママのアンバサダー」とは、具体的にどのようなことをされているんですか?

藤岡さん 「わーくわくママサポートコーナー」(以下、コーナー)のことをSNSや、出会うママさん達に紹介しています。 普段は企業向けの研修などの仕事をしているのですが、最近の投稿を見た方から『「働く女性」関係の仕事をされているんですよね』って声を掛けてもらうことも増えました。

藤岡さんも実際にコーナーを利用されたんですか?

藤岡さん しました! 妊娠を機に仕事を辞めたのですが、子供が1歳になる前に「もっと社会とつながりたい」と想い、インターネットで検索してこのコーナーのHPを見つけて、次の日には来ていました。 その時、2人目の子供も考えていること、でも働きたいこと、事務をやってみたいけれど、パソコンのスキルに自信がないこと等、色々と相談しました。 子供がまだ0歳だったので、連れてきていたのですが、相談している間、保育士さんが見ていてくれました。

コーナーではどのようなサポートを受けられたのですか?

藤岡さん 「パソコンの無料講座があるよ」と、同じ部屋にある「マザーズハローワーク広島」を紹介してもらいました。 その講座が無料なことにも驚きましたが、託児まで無料でびっくり! その時、初めて子供と離れて1人になったんです。 1人でランチを買いに行く自分がとても新鮮だったのを覚えています。

藤岡佳子さん

今のお仕事にはつながっていますか?今はどのようなお仕事をされていますか?

藤岡さん 2回ほどコーナーを利用した後、2人目の子を妊娠していることが分かり、仕事探しは中断しました。 ですが、コーナーに行っていなかったら今とは全く違う生活になっていたと思います。 子育てに集中していて社会から置いてきぼりになっているように感じていた私が、「また社会とつながれるかも…」と感じるきっかけをもらったように思います。 今は、2つの柱で仕事をしています。 1つが趣味を仕事にしたママ起業家をサポートする「おけいこ.comTONOERU」。 もう1つがコーチングスキルを活かした「TONOERU」という企業研修講師の仕事です。

「働きたいママ」と「働いているママ」、多くの女性とお話しをされているんですね。

藤岡さん 年間約1,000人の女性に出会っています。 働くことに踏み出せていないママさん達は、自分に自信を持てず、自己評価が低くなっているように感じます。 また、自分が仕事をすると家事がおろそかになって家族に迷惑をかける、子どもに寂しい想いをさせるのでは、と考えてしまいがちです。 一方で、働いているママさんは、子どもが家事を手伝ってくれるようになって、自立した子になる等、働いて起こる変化をプラスに捉える傾向があるように思います。

藤岡佳子さん

お子さんのいる女性の働き方は大変そうですが…藤岡さんはどんな働き方をされていますか?

藤岡さん 仕事も家事も完璧でなくても良いと思います。私の場合は、料理が苦手なので、料理をやめました(笑)。 うちではみそ・出汁・具材を丸めてお湯を注ぐだけの即席味噌汁を活用して、あとはご飯とサラダ、メインは作れたら作ると決めています。「外食しよっか!」にする日もあります。 働けない理由や不安はたくさんありますが、何を「やめてみるか?」で考えると、意外とシンプルです。 外食も「ご飯を作れなくて申し訳ない」ではなくて、「外食で楽しんでいる」ので、家族も喜んでいます。 あとは、働く意味を子どもに話すことと、「●●で忙しくて遊べなくてごめんね」ではなくて、「●●が終わったら目一杯遊ぼうね!」「応援してね」と、楽しみを共有するようにしています。

最後に、働くことに一歩踏み出そうか、迷っている女性へのメッセージをお願いします。

藤岡さん 「一歩」は思ったよりもずっと軽く踏み出して良いと思います。 もし少しでも「働きたいな」と思ったとしたら、それが答えです。 あとは不安に思っている「何か」の手を抜く方法を考えてみるとか。 また、いつものコミュニティとは違う人と話してみる、もやもやした気持ちをコーナーで話す、保育園情報を見に来るだけでも「一歩」です。 気軽な気持ちで一歩を踏み出してもらえたら良いな、と思っています。

藤岡佳子さん

笑顔がとても素敵だった藤岡さん。 飾らない本音トークをたくさんしてくださいました。 広島県は今後も、藤岡さんのようなアンバサダーの方々のご支援も頂きながら、働きたいママにこのコーナーをもっと知って、活用して頂けるよう、様々な取組を進めていきます。 コーナーで、相談員の皆さんもお待ちしていますので、ぜひお越しください!

わーくわくママサポートコーナー 相談員の皆さん

わーくわくママサポートコーナー (外部サイト)
働く応援女性ネット (外部サイト)
ヒント!ひろしま - 広島県働き方改革・女性活躍発見サイト (外部サイト)
働き方改革 - 広島県ホームページ

わーくわくママサポートコーナー隣の託児スペース

コーナーの隣には、安心の託児スペースも!

わーくわくママサポートコーナーのチラシとエコバッグ

ご来場特典でエコバッグがもらえます

保育園情報などのチラシ類

保育園情報もあります。見るだけでもどうぞ。

月刊こちら広報課 2020年3月号 「健康寿命の延伸」

県の「健康寿命の延伸」の取組を総まとめ!