世界に一台しかない「5Gデモバス」が県庁へ!

2018年10月5日

世界に一台しかない「5Gデモバス」

皆さんのスマートフォンの右上に、「4G」という文字がありませんか? 「4G」とは、「LTE」などの複数の通信規格を総評した呼び名で、3Gよりも高速な通信を可能にしました。

スマートフォンの4Gの表示

そして、その「4G」をさらに上回る、次世代通信規格が「5G」。 10月1日~3日にかけて、その「5G」を体験できる「デモバス」が中国地方に初上陸しました。 (株)NTTドコモと県の企画で、県庁正面玄関前に現れたバスの車内では、5Gの通信システムが可能にした、高精細映像による高い没入感を提供しました。 初日には、このまたとない機会に人だかりができていました。

5Gデモバスに並ぶ人の列

広報課職員もバスに乗車。 これまでの通信規格では大容量の高画質映像をスムーズに映し出すことが難しかったのですが、5Gではご覧のとおり。

5GとLTEの映像の画質比較

さらに、7Kの高精細映像でスポーツ観戦を体験! 圧倒的な大画面ということもあり、まるで自分がフィールドにいるかのような臨場感でした。

7Kの高精細映像でスポーツ観戦

続く10月2日には、最新のヒューマノイドロボット(人間の形をしたロボット)から、湯崎知事が名刺を受け取りました!

ヒューマノイドロボットから名刺を受け取る湯崎知事

このヒューマノイドロボットは、約300m離れた場所に位置する、イノベーションの創出拠点「イノベーション・ハブ・ひろしま Camps」から操作。 5Gの通信速度では、離れた場所からでも遅延なく繊細な操作ができ、県庁にいる湯崎知事とじゃんけんまで行いました。

遠隔地にいながらでも、通信ストレスなくロボットと交流できるなど、5Gが私たちの生活や体験を変える時代は、もうすぐそこまで来ています。 広島県はイノベーション立県の実現に向けて、IoTや人工知能(AI)を活用した技術革新の支援に力を入れていきますので、今後の取組にも、ご期待ください!

次世代通信「5G」最前線 ~「少し先の未来」を体験~ - 広島県ホームページ
イノベーション・ハブ・ひろしまCamps (外部サイト)
イノベーション立県 - 広島県ホームページ

月刊こちら広報課 2020年3月号 「健康寿命の延伸」

県の「健康寿命の延伸」の取組を総まとめ!