広島から発信!鈴木おさむさんや皆さんの欲張りライフとは!?

2018年9月14日

小嶋リポーターと鈴木おさむさん

9月7日(金)・9月8日(土)の2日間、広島市総合福祉センター内で、「ファザーリング全国フォーラム in ひろしま」が行われました。 この「ファザーリング全国フォーラム」は、“仕事も暮らしも楽しむ”ことを考えるきっかけづくりとして、1日目は企業の方向け、2日目は一般の方向けの内容で開催され、広報課職員も仕事と暮らしを楽しむヒントを探しに会場にお伺いしました。

ファザーリング全国フォーラム in ひろしま

1日目 - 企業の方向け -

(株)東レ経営研究所の元社長で、現在、(株)佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表取締役の佐々木さんの「個人も組織も成長するための働き方改革」をテーマとした講演がありました。 自閉症の長男の育児と、3年間に5回の入退院を繰り返した妻の介護をしながら働いた経験を語りました。 「仕事も家庭もあきらめたくない思いは皆同じ」と考え、管理職のときに社内で会議時間の短縮を訴えて実現したことや、業務の効率化を進め、午後6時には退社する働き方に変えてきた実体験から、「長時間労働と仕事の成果は必ずしも結びつかない」とのお話がありました。

佐々木常夫さん

その他にも、「広島県働き方改革実践企業認定」を受けた県内企業の取組紹介や、「イクメン・イクボス養成セミナー」、社会保障制度等についてのセミナーが開催され、1日目は約330人に参加いただきました。

2日目 - 一般の方向け -

2日目は約350人が参加され、午前中から夕方まで、全部で8つのセミナー等と基調講演が行われました。 今回は、その中でも料理教室と、鈴木おさむさんへのインタビューを主にご紹介!

「“おとう飯”始めようキャンペーン」 in ひろしま

「おとう飯(おとうはん)」とは、内閣府が昨年から始めた男性の料理参画への第一歩を後押しするキャンペーンで、お父さんが家族のために作る簡単で美味しい料理のことです。 今回は、広島県でも「おとう飯」を広めていくため、湯崎知事も参加して、親子で参加できる料理教室が開催されました。

「おとう飯」大使である石橋尊久さんが、広島県の「おとう飯」候補3品の作り方を披露。 参加した親子が見守る中、手際よく短時間で、「広島県産鶏もも肉のステーキ」・「牡蠣を使ったバーニャカウダ」・「レンジで簡単 広島産豚肉のお好み焼き」が作られていきました。

参加者全員でこれら3品を試食し、「レンジで簡単 広島産豚肉のお好み焼き」を調理する1品として選びました。

レンジで簡単 広島産豚肉のお好み焼き

さて、一通り説明を聞いた後は、早速参加者の皆さんで実践!

料理教室の様子

テキパキと作業をするお父さんがいる一方で、電子レンジでの調理とは言え、お子さんと一緒で四苦八苦するお父さんも。 誰よりも早くお好み焼きを作り終えた知事は、大使の石橋さんが使用した調理器具を片づけ、皆さんがびっくりする場面がありました。

途中、イクちゃんも応援に駆け付け、料理教室は終始和やかに行われました。

料理教室参加者とイクちゃんで記念撮影

最後に、知事が「レンジで簡単 広島産豚肉のお好み焼き」を広島県の「おとう飯」として認定! 全員でイクちゃんと一緒に記念撮影を行いました。

笑う家族に福きたる - 好奇心で楽しくする暮らしと仕事 -

午後からは、放送作家で多数のバラエティ番組の構成を手掛け、映画やドラマの脚本・監督、ラジオパーソナリティなど多岐にわたって活躍中の、鈴木おさむさんの講演会がありました。 講演会では、奥様の森三中の大島美幸さんと結婚したきっかけや、好きな所、ご夫婦の普段の暮らし方、奥様が妊活休業を宣言するに至った経緯や想い、ご自分の育児休業を応援してくれて、仕事に戻った時に「席」を用意してくれていた周囲の方への感謝等、たくさんの笑いを交えながらお話ししてくださいました。

鈴木おさむさんにインタビューする小嶋リポーター

その講演前のわずかな空き時間、「ひろしま県民テレビ」の小嶋リポーターが鈴木さんに、“育児”や“働き方”などについてお尋ねしました。

鈴木さんが考える、「父親の役割とは?」

鈴木さん 特にないかな。母親も父親も関係ないと思う。 ただ、親になって思ったのは、父親って「意外とすることないな」って思いました(笑)。 でも、長い時間子供といられたことで子供を抱っこしていて、母親の胸の上がベッドなら、自分の胸はソファくらいにはなれるのかなと。

普段お子さんとどんな風に過ごしていますか?

鈴木さん この前は、映画「ジュラシック・ワールド」を見に行きましたよ。 奥さんがあまり映画に興味がないので、僕が連れていきました。 一緒に映画を見ると、映画自体を楽しむのはもちろん、「子供が最後まで映画を見ることができるかな」という面でも興味津々でした。 映画館を出た瞬間、怖いのを我慢していたようで子供は泣き出しましたけどね。 でも、家に帰って、映画の話ばかりしている様子を見ると最後まで映画を見られたのは、本人の自信になっていたようです。

鈴木おさむさん

お子さんと仲良しなんですね。

鈴木さん 子供とは、「友情」のような絆はあると思います。 ただ、奥さんと喧嘩した時に「子供にあなたのことを嫌いにさせるのなんて簡単なんだからね!」と言われた時は衝撃的でした。 子供と母親は一緒にいる時間が長いので、お父さんの悪口を言えば、簡単に子供はお父さんを嫌いになると…。 だから広島のお父さん、気を付けてくださいね! 家族を大切に!!

バリバリと仕事をしながら、一年間の育児休業を取り、しっかりお子さんと向き合う時間を作った鈴木さんの、欲張りライフの追求はまだまだ続いているんですね。

このインタビューや、鈴木さんの講演、「ファザーリング全国フォーラム in ひろしま」の模様は、後日「ひろしま県民テレビ」でご紹介する予定です。 お楽しみに!

ファザーリング全国フォーラム in ひろしま - 広島県ホームページ
ひろしま未来チャレンジビジョン 欲張りなライフスタイルの実現 - 広島県ホームページ
ひろしま県民テレビ - 広島県ホームページ
「ファザーリング全国フォーラム」を広島で開催します! - こちら広報課「今週のトピックス」

料理する湯崎知事

知事の得意料理はオムライス

鈴木さんの講演の様子

鈴木さんの奥様の妊活休業のお話もありました

ライフスタイルトークセッションの様子

「自分らしく」についても語り合いました

月刊こちら広報課 最新号はこちら