渋谷区とも連携した「ひろしまサンドボックス」始動!会員募集!

2018年5月18日

ひろしまサンドボックス

広島県では、これまでにない新しいソリューションを創出するため、今年度から新たにAI/IoT実証プラットフォーム事業「ひろしまサンドボックス」を構築し、その記者発表会を5月17日に渋谷で開催しました。

「ひろしまサンドボックス」記者発表会の模様

発表会には、各種メディアだけでなく「ひろしまサンドボックス」に興味を持って頂き、参加を検討されている様々な企業の皆さんも出席して、大いに盛り上がりました。

「ひろしまサンドボックス」記者発表会の模様

「サンドボックス」とは「砂場」のこと。 みんなが集まって砂山を作ってはならし創作を繰り返す「砂場」のように、業態や業種を超えて多くの人や企業に参加していただき、何でもできる、何度でもトライできる、試行錯誤の場として使って頂きたいと考えています。

県は、今後3年間で最大10億円規模の投資を予定しており、県外からも多様な企業や人材を呼び込み、叡智を結集することで、様々な産業、地域課題の解決に取り組みます。

また、事業実施に向けたパートナーとして、「渋谷区」と都市と地方の共創による新たな連携に向けて取り組み、スタートアップ企業等プレイヤーを渋谷から広島県へ呼び込みます。

今回は、その概要を簡単にご紹介しますが、その前に、「AI/IoTの導入にチャレンジしてみたい!」、 「AI/IoTがよくわからないから教えてほしい!」と思われた方は、「ひろしまサンドボックス推進協議会」の会員も募集しておりますので、こちらのページも参考にしてみてください。 県内外、法人個人を問わず、お気軽にお申込み頂けます。

「AI/IoT実証プラットフォーム事業『ひろしまサンドボックス』」の概要

  • 広島県内企業、大学、自治体等の主体があらゆる実証実験を行うことができる場を構築
  • 県外からも先進的なスタートアップ企業や専門人材を呼び込み
  • 県内企業等とのコラボレーションにより、AI/IoT等の最新技術や知見を蓄積
  • 広島発の新たなソリューションを次々と生み出す共創エコシステムの構築を目指す

「渋谷区」との都市と地方の共創による新たな連携

  • 渋谷区基本構想“ちがいを ちからに変える街。 渋谷区”を実現するための産官学民によるプラットフォーム「一般社団法人渋谷未来デザイン(FDS)」は、都市間連携事業を実施
  • 渋谷区とFDSは、渋谷のスタートアップ企業等プレイヤーと広島県をつなぎ、「ひろしまサンドボックス」への参加が促進されるよう連携
  • FDSは、渋谷の発信力を活かし、広島県と渋谷の価値が共に向上する事業を推進

最後に、「ひろしまサンドボックス」についての説明会のご案内です。 締切が5月21日(月)ですので、お早目にお申込みください!

ひろしまサンドボックス説明会

広島会場

日時
5月30日(水) 14時00分~15時30分(予定)
会場
TKPガーデンシティpremium広島駅前 (広島市南区大須賀町13−9)
内容
事業説明、質疑応答、個別相談会 など
申込
「ひろしまサンドボックス」ホームページ(外部サイト)

福山会場

日時
5月31日(木) 14時00分~15時30分(予定)
会場
福山ニューキャッスルホテル (福山市三之丸町8−16)
内容
事業説明、質疑応答、個別相談会 など
申込
「ひろしまサンドボックス」ホームページ(外部サイト)

「ひろしまサンドボックス」ホームページ(外部サイト)
ひろしまサンドボックス推進協議会 - 広島県ホームページ
広島県とソフトバンクがAIやIoTで連携! - こちら広報課「今週のトピックス」
FUTURE DESIGN SHIBUYA | 渋谷未来デザイン(外部サイト)

月刊こちら広報課 2019年10月号 「がん対策」

県の「がん対策」の取組を総まとめ!