カンパイ!広島県で「牡蠣ングダム」広島はしご牡蠣を開催中!

2017年12月15日

牡蠣ングダム ロゴ

広島県は、牡蠣の生産量日本一を誇る牡蠣の王国です。 今年、広島県は「牡蠣ングダム」宣言を行い、「広島はしご牡蠣」として牡蠣の食べ歩きを県外からの観光客の皆様にオススメしています。(もちろん県民の方にも!)

今回訪れたのは、はしご牡蠣エリアの一つ、通称「エキニシ」(大須賀町駅西地区)。 古くからのお店と新進気鋭のお店が混在し、最近人気急上昇中の飲み屋街です。

あいにくの雨でしたが、平日の夜にもかかわらず、どの店も賑わっていました。 もし、「エキニシ」に行かれる場合は事前に予約して行くか、空き状況を確認して行った方が良いかもしれません。 通りには、広島はしご牡蠣の提灯が飾られて、道を明るく照らしてくれています。

エキニシ「広島はしご牡蠣」の様子

お邪魔したのは「広島赤焼えん駅西本店」。 この店の入口にも、広島はしご牡蠣の提灯が飾られていて雰囲気を盛り上げます。

広島赤焼えん 駅西本店

もちろんメインは牡蠣のバターソテー! いよいよシーズンを迎え、ぷりぷりした牡蠣が食欲をそそります。

牡蠣のバターソテー

「広島満喫コース」では、その他にも「がんす」「穴子のだし巻玉子」「小鰯の唐揚げ」「うにホーレン」「お好み焼」など広島名物のオンパレードでした。 県外からのお客様をもてなすのに最適ですね。

うにホーレン

今回ご紹介できなかった、もうひとつのはしご牡蠣エリア「横川商店街」にも、同じく食べ歩きができるお店がたくさんあります!

牡蠣が美味しくなるこれからの季節、皆さんも忘年会や新年会で、はしご牡蠣エリアに行ってみませんか? 新しい食べ方や楽しみ方など、広島の魅力が再発見できるかもしれませんよ。

牡蠣ングダム 広島はしご牡蠣 開催中 - カンパイ!広島県(外部サイト)
広島名物「焼きがき」にピッタリな日本酒が登場! - こちら広報課「今週のトピックス」

月刊こちら広報課 2020年3月号 「健康寿命の延伸」

県の「健康寿命の延伸」の取組を総まとめ!