さとやま未来博閉幕!「さとやま3つ星未来フェスタ」

2017年12月1日

さとやま未来大賞、未来のたね賞の受賞者のみなさん

県内の中山間地域を舞台に3月から多彩なイベントやプロジェクトを展開してきた「ひろしま さとやま未来博2017」が、11月26日(日)にフィナーレを迎え、そのクロージングイベント「さとやま3つ星未来フェスタ」には、約1万2,600人が来場しました。

会場の旧広島市民球場跡地では、県内19市町から計65ブースが出展し、神石高原町の神石牛サイコロステーキや安芸高田市のヤマメの塩焼き、呉市の蒸し焼きガキや庄原市の高野りんご等、地域の特産品や名物がズラリ! また、北広島町と比治山大学が協力してプロデュースしたシチューは、先着2,000名に100円で振る舞われ、おいしくて、あたたかいさとやまのフルコースを堪能頂きました。

振る舞われたさとやま3つ星シチュー

また、新しい価値を生み出す取組を応援する「さとやま未来大賞2017 in ひろしま」では、山歩きや農作業など里山のあらゆるシーンで活用できる「もんぺ」の新しい着こなしを発信している北広島町の団体「もんぺる」が大賞を受賞。 「もんぺでくらす、あそぶ、はたらく」をテーマとしたファッションショーも開催しました。

さとやま未来大賞を受賞した北広島町の団体「もんぺる」

中央のステージでは「さとやま未来博 勝手に応援隊」の「まなみのりさ」が、「3つ星ダンス」を地域の方々と一緒に踊るために、県内を走り回ったキャラバンについて、その思い出を披露! その他にも、子ども神楽の上演やトークセッション、STU48のパフォーマンスもあり、多くの来場者がステージに詰めかけました。

STU48のパフォーマンス

「ひろしま さとやま未来博2017」のシンボルプロジェクトのひとつ、「さとやまソーシャルライド」は県内の中山間地域19市町と島根県に設定された380か所のログスポットを巡り、専用アプリを使ってSNSに投稿しながら、さとやまの魅力を拡散する新感覚のサイクリングプロジェクトです。 クロージングイベント当日には総合順位の男女第1位から第3位や広島マイスター賞の表彰も行いました。

閉幕セレモニーでは、みんなで「3つ星ダンス」を踊り、その後、参加した市町や様々な団体が、今回新たに生まれたことや魅力を語り合い、小学生達は「さとやま未来宣言」を発表し、「さとやまの未来を創るのは私たちです」と力強く宣言しました。

3つ星ダンスを踊る参加者のみなさん

さとやまの魅力が再発見された未来博。 各種プロジェクトやイベントは、これで終了するのではなく、未来へと引き継いでいく必要があります。 広島県はこれからも、ニッポンの見本になるような、中山間地域の取組や、さとやまを盛り上げていくような志を持った多くの方々を応援し続けます!

11月26日開催!さとやま未来博「さとやま3つ星未来フェスタ」 - こちら広報課「今週のトピックス」

ステージ上でトークする「まなみのりさ」

ラストスパートキャラバンの思い出を語る「まなみのりさ」

神楽衣装の着用体験をするこども

神楽衣装の着用体験

さとやまで採れた新鮮野菜などを販売する様子

さとやま3つ星マルシェ

月刊こちら広報課 最新号はこちら