潜入レポート第7弾!さとやま未来博 オープニングフェスタ

2017年3月31日

ひろしま さとやま未来博2017 オープニングフェスタ

『ひろしま さとやま未来博2017』がついに開幕! そこで、3月25日に三次市民ホール「きりり」で盛大に行われたオープニングフェスタに潜入して来ました!

幕開けは、大崎上島町の「大崎なぎ太鼓保存会」のメンバーによる勇壮な太鼓演奏。 そして、さとやまの魅力を凝縮したメッセージムービーの上映やコーラス隊による合唱が式典に花を添えた後は、中山間地域を有する19市町の市長・町長がご当地ゆるキャラと一緒にステージに登場。 最近話題の「呉氏」が登場したときは、1300人の来場者で満席の会場がひときわ盛り上がりました。 そして、湯崎英彦知事が「さとやまに想いを持った人たちが集まり、新しい価値を見つけ、地域資源に磨きをかけ、地域の可能性が無限大に広がっていくことを目指す」と開幕を宣言。 延べ247日に渡るイベントはスタートしました。

湯崎知事による開幕宣言

採れたて野菜を販売するマルシェや、さとやまのベーカリーが大集合した「さとやまブース」は多くのお客さんで大賑わい。 出展者の一人、上野奈苗さんは三次市で屋台を使った小商いプロジェクト「344YATAI」に取り組み始めて、この日が手作り屋台の初お披露目。 「地域を活性化するために何かできないかと考えていたところ、屋台を使ったマルシェ開催を思いつきました。今後は他の地域ともコラボして活動の幅を広げていきたいです」と熱い思いを語ってくださいました。

「344YATAI」上野奈苗さんとスタッフのみなさん

会場の外では、サイクリング版オリエンテーリングの1日限定イベント「さとやまソーシャルライド in 三次」が開催され、県内外から自転車愛好家など約200人の参加者が集まり、春の日差しを浴びながらゲーム感覚でサイクリングを楽しんでいました。 「さとやまソーシャルライド」は、期間中誰でも気軽に、しかも無料で参加できますので、自分のペースでゆっくり巡りながら、新しいさとやまの魅力を発見してみてはいかがでしょうか。

さとやまソーシャルライド in 三次

さとやま未来博では、ワクワクドキドキできるイベントが盛りだくさん。 イベント情報は、さとやま未来博のホームページかガイドブック(県政情報ラックや道の駅等で配布)から入手できますので、ぜひチェックしてみてください!

関連トピック

潜入レポート第6弾!古民家DIYの作業現場を突撃
潜入レポート第5弾!“ココロザシ”ある人たちの交流現場を直撃!
潜入レポート第4弾!廃校リノベーションの現場を取材
潜入レポート第3弾!雪合戦まつり in 広島県庁
潜入レポート第2弾!廃校リノベーション記者発表会
『ひろしま さとやま未来博2017』100日前セレモニーに潜入!

大崎なぎ太鼓保存会による演奏の画像

大崎なぎ太鼓保存会による演奏

ヴィオラ奏者 沖田孝司さんとコーラス隊のみなさんの画像

ヴィオラ奏者 沖田孝司さんとコーラス隊のみなさん

総合監修の指出さんと東ちづるさんによるトークセッションの画像

総合監修の指出さんと東ちづるさんによるトークセッション

月刊こちら広報課 2020年3月号 「健康寿命の延伸」

県の「健康寿命の延伸」の取組を総まとめ!