月刊こちら広報課 2019年6月号

広報課職員がやってみた!

メキシコ選手団合宿

インターンシップ合同企業説明会の様子

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、メキシコ選手団が県内で合宿をしているのをご存知ですか? 昨年は4月から9月末までの間に12競技の選手団がやって来たのですが、今年はそれを大きく上回る数の選手団が県内10の市町に訪れる予定となっています。 合宿中は、見学自由の練習が行われるほか、スポーツ交流や小中学校への訪問、公開イベントの開催なども予定されています。

オリエンテーションの様子

この機会の何がすごいかというと、皆さんはオリンピック選手、それも海外の選手の技を間近で見たことがありますか? 私はありません! なかなか見られない「世界トップレベル」の技術と迫力をすぐ近くで楽しめるというのはとっても貴重な機会ではないでしょうか? スポーツ大好き広島県民としては、見逃せないチャンス、ということで早速見に行ってみました!

フェンシング選手団の公開練習に行ってみた!

5月には福山市にフェンシングとバドミントンの選手団が合宿に来ていました。 私が訪れたのは5月26日に福山市神辺体育館で開催されていたフェンシング選手団の公開練習・競技交流会。

フェンシングの選手団

私は初めてフェンシングを間近で見たのですが、私の眼では、切っ先が全く追えませんでした…。 選手たちのスピード感にシビれました!

VRフェンシングの様子

そして会場では、VRフェンシングとスマートフェンシングの体験も行われていました。 VRフェンシングでは、オリンピック銀メダリストの太田雄貴さんと対戦することができました。 普段なかなか馴染みのない競技ですが、こうして体験できるのはよいですね! (ボコボコにされました)

スマートフェンシングの様子

スマートフェンシングはスポンジのサーベルで戦う、子供から大人まで楽しめるフェンシング。 選手が参加してくださるシーンもあり、子供たちにとってかけがえのない体験になったのではないでしょうか?

今回行ってみて感じたのは、競技の魅力を思う存分楽しめるのはもちろん、きさくな選手たちとも交流でき、競技に興味がある方はもちろん、そうではない方も国際交流を楽しめる絶好の機会だと感じました。 お子様連れから、競技に関心のある年配の方々まで、幅広い層が来られていたのも印象的でした。

今後も県内では様々な競技の合宿が実施され、公開練習はもちろん、実際の試合形式で緊張感のある演技を見ることができる「公開演技会」や選手との交流イベントなども開催されます。 今後の日程等、詳細はこちらからご確認のうえ、ぜひ行ってみてください!

キャンプ・メヒコ (外部サイト)

県公式SNSでは、この他にも広報課職員が県に関連する様々な取組を実際に「やってみる」ことで、よりリアルな現場の様子や詳細をお伝えしています。 ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

メキシコ体操選手団の公開演技会

4月に広島市で開かれた体操選手団の公開演技会

メキシコフェンシング選手団

陽気な選手たちに話しかけてみよう!

歓迎の展示やメキシコ文化の紹介展示

地域の子供達による歓迎の展示やメキシコ文化の紹介展示も

今月号の目次