月刊こちら広報課 2019年4月号

広報課職員がやってみた!

名勝「縮景園」

縮景園

何かと忙しい年度初めも少し落ち着いた頃でしょうか? バタバタとしている間に、お花見シーズンがあっという間に終わってしまいましたね。 広報課では、春の雰囲気を少しでも皆さんにお届けしようと、広島市の中心部、広島県立美術館の隣にある庭園「縮景園」に行ってきました!

縮景園とは?

縮景園の桜

縮景園は、元和6年 (1620年) に広島藩主・浅野長晟の命により、茶人として知られる家老の上田宗箇が造った大名庭園。 広島市内の中心部に位置しながら、都会の喧騒を忘れさせてくれる緑豊かな庭園は、まさに都会のオアシス! 国内外を問わず多くの方が訪れています。 園内の茶屋では、柔らかいお団子や抹茶もいただけるので、ちょっと一息のティータイムやお散歩がてら行ってみるのもおすすめですよ。

みたらし団子

さらに、縮景園ではお茶会やおまつり、菰巻きなど、季節を感じられる様々なイベントが開催されています。 4月29日(月・祝) には、古くから浅野家の伝統行事として八十八夜に行われていた茶摘の行事を再現した「茶摘まつり」も開催されますので、ぜひゴールデンウィークのお出かけ先リストに加えておいてくださいね! 詳細は公式ホームページをチェックしてみてください。

縮景園ホームページ (外部サイト)

今年は、浅野氏広島城入城400年の年!