2017年11月号

県民テレビのこぼれ話

県民テレビ(10月18日放送)でご紹介した株式会社マイティネットは広島県が実施している「働き方改革企業コンサルティング事業」の参画企業。県内中小企業にとって身近なモデル優良事例となるよう、専門のコンサルタントから実践支援を受けています。今回は、社内で「働き方改革」を実践していくため、推進役として奮闘中の山田さんにお話をお伺いしました。

株式会社 マイティネット 山田 朱美さん

株式会社 マイティネット

山田 朱美さん

チーム会議の様子

Q. 「ひろしま県民テレビ」での放送後の反響はいかがですか?

山田さん 思いの他、反響が大きくてびっくりしました。取組が放送されて、社外への発信はもちろん、社内でも改めて放送を見直し、少しずつ機運も盛り上がってきました。 放送内容は二次利用し、当社の取組をどんどん発信して県内外の「働き方改革」の盛り上げにも貢献できたらいいな、とも考えています。 春からは、新卒採用者向けの企業説明会もありますが、「働き方改革」が当社の取組や魅力をPRする手段のひとつになると期待しています。

渡辺代表取締役社長(左)にインタビューする山内さん(右)

Q. 「働き方改革」をはじめたきっかけや経緯は?取組始めた印象はいかがですか?

山田さん ある講座で、広島県のコンサルティング事業を紹介してもらったのがきっかけです。 人事担当として「働き方改革」を進めていく必要性は何となく感じていたものの、何をどう進めていけば良いのか悩んでいたので、是非コンサルを受けたいと社長に相談しました。 社長もこの取組に共感し、即応募して、今まさに実践中です。 部会を開いて議論をして、課題は浮き彫りになってきていますが、参加した社員からは前向な意見もあり会社全体で「働き方改革」を推進しています。