ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 港湾漁港整備課 > 『広島県みなと・空港振興プラン2016』の策定

『広島県みなと・空港振興プラン2016』の策定

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月19日更新

(1) 策定の趣旨

 前プランの「広島県みなと振興プラン」(平成24年1月策定)が平成27年度で終了することから,次期計画として「広島県みなと・空港振興プラン2016」を策定します。
 「広島県みなと・空港振興プラン2016」は,これまでの港湾分野での取組に加え,新たに漁港分野と空港分野の取組内容を盛り込むこととし,広島県の目指す将来像を示した広島県総合計画「ひろしま未来チャレンジビジョン」とこれを実現するための基本方針である「社会資本未来プラン」(土木建築局:港湾・空港分野)及び「2020広島県農林水産業チャレンジプラン」(農林水産局:漁港分野)に基づき,利用者の視点・ニーズに対応し,より一層のソフト・ハード両面の機能の強化を推進するための実施計画として策定するものです。
 なお,本プランは港湾及び漁港に関する『みなと振興』と『空港振興』で構成します。

(2) 計画の概要

1.計画期間

 平成28年度~平成32年度(5年間)

2.投資予定額

 投資予定額:概ね370億円

3.基本方針

◆基本方針1 みなと振興の重点化
 客観的な評価基準を用いた優先度評価を行い,施策の「選択と集中」による戦略的な整備を推進し,「早期効果の発現」を図る。
 利用者の視点・ニーズに対応した低廉,迅速かつ安心なサービスを提供する『みなと』づくりを推進する。

◆基本方針2 港湾・漁港施設の有効活用
 既存施設を最大限活用していくため,施設の機能改善や利用転換を推進する。
 既存施設を有効活用し,利用者の視点・ニーズに対応した,質の高いサービスを提供する。

◆基本方針3 港湾・漁港施設の適正な維持管理
 維持管理費や施設更新費等を考慮し,「新技術・新工法」等の積極的な活用を推進する
 「インフラ老朽化対策の中長期的な枠組み」,「修繕方針」等に基づき,戦略的な維持管理や更新を推進する。
 放置艇対策について,国の推進計画などを踏まえ,プレジャーボート係留保管計画を見直し,適正な水域管理を推進する。
表紙

ダウンロード

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ