#064

広島アンデルセン

設計
当初:長野宇平治、改修1:大成建設、改修2:(株)広島建築綜合設計、ジョセフ・バウム、フィリップ・ジョージ、ジョン・C・シーニー
施工
1925年(改修1:1967年)
住所
広島市中区本通7-1、2、3(Google Map

広島市の繁華街、本通り商店街(旧西国街道)に位置する商店建築です。もとは銀行として建てられたもので、被爆により損傷するも修復され、当時としては斬新なベーカリーとレストラン等の複合店舗に改装されました。さらに増築されて現在に至っています。
本通りに面する部分は本通りエリアで唯一現存する被爆建築です。正面玄関にあった列柱は撤去されていますが、装飾が少なく左右対称で、矩形窓や正円アーチなど、ルネサンス様式の特徴がよく残っており、歴史と風格を感じさせます。

拡大写真
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4