#011

原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)

設計
ヤン・レツル
施工
1915年
住所
広島市中区大手町1-10(Google Map

被爆地ヒロシマの象徴として世界的な知名度のある建物です。被爆前は広島県産業奨励館と呼ばれ、様々なイベントの会場にもなっていました。川に顔を向ける配置計画のほか、セセッションの影響と考えられる外壁の幾何学模様の装飾からはヨーロッパの歴史主義建築とは異なる当時の前衛的なデザインがうかがえ、建築としても大変優れた作品といえます。
[ユネスコ世界遺産]

拡大写真
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4