ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

「河川内の堆積土等除去計画」の策定について

印刷用ページを表示する掲載日2016年4月19日

河川内の堆積土等除去計画の策定


「ひろしま川づくり実施計画2016」のうち,堆積土や樹木の除去に関する具体的な
取組内容を定めた「河川内の堆積土等除去計画」を策定しました。

              kuroseじゅもくん 

策定の趣旨

 河川内の堆積土や樹木は,洪水時に流れを阻害することで河川の水位を上昇させ,浸水などの災害を助長する
 おそれがあります。
 近年,全国各地で頻発する河川の氾濫や堤防の決壊などによる大規模災害を受け,県民の防災に対する関心が
 高まっており,河川内の堆積土や樹木に対する不安が増大しています。

 堆積土や樹木の除去が必要な箇所を明確化し,効果的・効率的に除去することで,浸水被害を最小限に抑えるた
 めに,計画を策定するものです。 

計画の概要 

計画期間

  平成28(2016)年度~平成32(2020)年度の5年間

投資予定額

  おおむね40億円(「ひろしま川づくり実施計画2016」の投資予定額の内数)

計画の実施方針

  (1)実施方針

     「ひろしま川づくり実施計画2016」において設定した,堆積土・樹木についての管理基準に基づき,
      除去に関する長期目標を定めたうえで,計画的に浚渫工事などを実施します。 


  (2)計画の目標

      ◆長期目標 ◆                            レベル2以上の延長を20年後に半減させる。
      ◆本計画期間(5年間)の目標◆  レベル3を解消し,レベル2の延長を約1割削減する。

          hyo 


ダウンロード

河川内の堆積土等除去計画」
  概要版
  概要 (PDFファイル)(521KB) 
  本編
河川内の堆積土等除去計画 (PDFファイル)(1.83MB)
 

この情報に関連する情報

社会資本未来プランの策定について

ひろしま川づくり実施計画2016

 
 
Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする