ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

1-4.八幡川水系河川環境の整備と保全に関する事項

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

 河川環境の整備と保全に関しては,自然環境及び河川利用の実態の把握に努め,治水・利水面との調和を図りつつ,沿川住民が親しみを持ち,川とふれあえるよう,水辺環境の保全についても十分配慮する。特に,河口部の干潟は,動植物の貴重な生息・生育環境となっているため,その保全に十分な注意を払う。また,水源涵養等の役割を担う山林などの自然環境を保全していくために,関係機関へ働きかける。さらに,河川水の水質改善に向けては,関係機関と連携し,下水道の整備を促進するとともに,水道用水の供給源となっている魚切ダム貯水池の浄化対策を実施する。この他,積極的な河川空間の利用が促進されることを目指し,周辺地域と一体となった施設の整備等を関係自治体等との連携のもとに推進していく。

関連情報

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする