ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域振興 > 道路・河川・砂防・海岸 > 河川 > 1-2-1.西城川・神野瀬川ブロック治水に関する現状と課題

1-2-1.西城川・神野瀬川ブロック治水に関する現状と課題

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

 西城(さいじょう)川・神野瀬(かんのせ)川ブロックにおいては,昭和47年7月の洪水で,死者7名,全壊家屋21戸,浸水家屋は1,000戸を超えるなど,大規模な被害が発生しました。

 このため,昭和47年の大災害を契機として,逐次河川改修に着手し,治水安全度の向上に努めてきました。

 しかし,近年においても,平成5年7月,平成7年7月,平成9年8月,平成10年10月,平成11年6月に河岸の決壊・氾濫による浸水被害が発生しています。特に,西城川では,平成10年10月の台風10号に伴う豪雨により,庄原(しょうばら)市高町(たかまち)において浸水家屋8戸,浸水面積16.4ヘクタールの被害が発生しています。

 以上のことから,ブロック全体の浸水被害の解消が必要ですが,とりわけ人口・資産の集中している庄原市街地の洪水防御が早期の課題となっています。

 近年の主な洪水とその被害状況を表-1.2に示します。

表-1.2.  近年の災害発生状況

被害発生年降雨の原因24時間雨量市町村被害状況
昭和47年7月梅雨前線豪雨291ミリメートル
(11日1時~)
旧庄原市死者7人,家屋全壊14戸,半壊32戸,床上浸水144戸,床下浸水563戸
旧布野村床上浸水3戸
旧西城町家屋全壊5戸,半壊93戸,浸水家屋323戸
旧口和町家屋全壊2戸,床上浸水1戸,床下浸水3戸
昭和58年7月梅雨前線豪雨160ミリメートル
(22日23時~)
旧布野村床上浸水5戸
平成5年7月台風5号129mm
(27日14時~)
旧庄原市床下浸水9戸
平成7年7月梅雨前線豪雨208ミリメートル
(2日11時~)
旧庄原市床下浸水4戸
平成9年8月梅雨前線豪雨108ミリメートル
(4日20時~)
旧三次市床下浸水3戸
旧西城町床下浸水3戸
旧比和町床上浸水1戸,床下浸水1戸
平成10年10月台風10号114ミリメートル
(16日2時~)
旧三次市床下浸水2戸
旧庄原市床上浸水3戸,床下浸水5戸
平成11年6月梅雨前線豪雨140ミリメートル
(29日2時~)
旧三次市床下浸水2戸
旧布野村床上浸水1戸
旧比和町床下浸水1戸
雨量 気象庁庄原観測所
出典 河川浸水被害履歴調査(平成12年実施)

過去の浸水区域
図-1.3 過去の浸水区域


関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ