ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

3-1.(1)長瀬川

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

 支川田草川合流点から下流1.1キロメートル区間について,主に河道拡幅により必要な河積を確保するなどの河川改修を行い,高宮町元宮(もとみや)地区,川根(かわね)地区,田草(たぐさ)地区における家屋浸水被害の防止を図ります。なお,河川改修に際しては,水辺の動植物の生息・生育環境を保全するために,極力現況の河床形態の復元を図ります。また,オオサンショウウオの巣穴を設けたり,魚類が生息できるよう寄せ石等により空隙を設け,変化のある水辺を作ります。動植物の生息・生育環境に大きな影響を与えない区間では,人が川原に降りられるような階段護岸を要所に設置します。


流量配布図

図3-2 流量配分図(立方メートル毎秒)

横断面図

図3-3 横断面図(若鮎橋付近)

平面図(長瀬川,1/6,000)
 ※ページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます。

関連情報

ダウンロード

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ