ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ダムの役割

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

ダム下流域の皆さんを「洪水」から守ります

  上流域で大雨が降った場合には,河川の水の量が増え,流域に洪水の被害を及ぼします。この被害を防ぐため,ダムで水を貯めながら,下流の河川の水の量(放流量)を調整しています。

ダムがないと大雨が降った場合ダムが無い時の図です

ダムがあると大雨が降った場合ダムがある時の図です

 生活に必要な「水」を供給します

 ダムは,社会生活に支障が生じないように必要な水を貯めて,水道用水,工業用水,農業用水として供給しています。
 またクリーンエネルギーである水力発電も行っています。

水道水として利用工業用水として利用 農業用水として利用電気として利用

「環境」に十分配慮してダムを造っています

  雨が少ない時には,川の水量が減り,魚が棲めなくなったり,川の環境が悪くなったりするため,ダムから水を放流して,安定的な川の水量を確保しています。 

ダムがないと雨が少ない場合ダムが無い時の図です

ダムがあると雨が少ない場合ダムがある時の図です

関連情報


県政ピックアップ