ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 道路整備課 > 見える!ひろしまの道づくり

見える!ひろしまの道づくり

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月17日更新
 広島県では,道路整備計画2011を策定し,「広域交通ネットワークの確立」,「集客・交流機能の強化」,「災害に強い道路ネットワークの構築」,「安心できる道路空間の形成」,「地域の自立や活力を与える道路の整備」,「道路機能の有効活用」の6つの施策の柱に基づき,道路を総合的にマネジメントしながら道路整備を進めています。
 このうち,主に「社会資本整備総合交付金」を活用して実施している道路整備事業について紹介します。

道路改良事業

 狭あい箇所の解消や道路混雑等に対応するため,道路幅を拡げたり,バイパス道路の整備を実施しています。

交通安全施設等整備事業

 歩行者,自転車等の交通の安全性を向上させるため,歩道の設置・拡幅等を実施しています。

道路災害防除事業

 落石や法面崩壊などの道路災害を未然に防止するための対策や,橋梁の耐震化,老朽化した橋梁及びトンネル等の補修を実施しています。

このページに関連する情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ