ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 道路企画課 > 京橋(きょうばし)

京橋(きょうばし)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月11日更新
京橋 

諸元

路線広島市道(旧西国街道)
所在地広島市南区京橋町~広島市中区橋本町(京橋川)
完成昭和2年8月3日(供用開始)
橋長64.5m
最大支間長27.5m
上部工形式3径間ゲルバー鋼鈑桁橋
有効幅員8.0m
管理者広島市

被爆の惨劇を乗り越え今も現役の橋 

 京橋は,広島城下の西国街道に架かる橋として,同じ街道筋の猿猴橋とともに古くから交通の要衝であった。

 現在の橋は,昭和元年7月より工事に着手し,当時の金額で7万円をかけ,翌2年8月に完成したものである。

 一見すると,コンクリート橋のようにも思えるが,実際は鋼鈑桁の橋であり,5主桁のうち外桁の外面をコンクリートで被覆して,石造りの高欄や親柱との調和を図っているためと考えられる。

 同時期に建設された猿猴橋のように,豪華な装飾品こそなかったものの,開通式には数千人の見物人が訪れたとされ,いずれ劣らぬ偉観を誇ったとされる橋である。

 その橋も,あの日の惨劇に遭うこととなったが,これを乗り越え,戦後70年を目前にした今でも当時の姿を保っており,平成23年度には「被爆に耐えた装飾的橋梁」として,猿猴橋とともに土木学会において土木遺産に選奨されたのである。

位置図

アクセス情報

電車

  • JR広島駅南口より,徒歩約600m

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ