ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 技術企画課 > 第1章 (3)計画検討における視点

第1章 (3)計画検討における視点

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

(ア)現時点で具体的に取組むべき事項

 情報技術は極めて技術開発の速度が速い分野のため,将来像や趨勢を見極めながら,拙速を避けた取組事項・スケジュールを決定する必要があります。

(イ)ステム化の対象範囲,優先順位

 調達事務のうち、システム化をどの範囲で行い,優先順位をどうすべきかについて検討します。

(ウ)市町村や外郭団体への支援方策

 市町村や外郭団体の取組を支援するために,県として何が可能で,何を行うべきかを明らかにします。

(エ)調達の直接の相手となる業者の実態

 様々な規模の業者が対象となるため、その状況を十分踏まえ、計画の内容に反映させます。

関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ