ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 技術企画課 > 第1章 (2)計画の位置付けと計画期間

第1章 (2)計画の位置付けと計画期間

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

ア 計画の範囲と位置付け

本計画は,入札参加資格の申請から納品までの一連の「調達」の全プロセスを対象に,その電子化を検討するものであり,大きく次の3つの位置付けをもっています。

(ア)電子県庁構築に向けた調達分野の基本計画

 電子県庁構築に向けた調達の電子化に関する個別計画として,具体的なシステム開発・整備等の方向性を定めます。

(イ)公共事業におけるCALS/ECの広島県版アクションプログラム

 CALS/ECの各種取組の中で,現時点で早期に具体化が求められている調達の電子化について,その全体像を踏まえた行動計画となります。

(ウ)市町村等の電子調達推進に向けた指針

 県と同様に調達の電子化への対応が迫られている市町村や外郭団体等が,県の取組を参考としつつ,それぞれの取組を検討するための基本指針として機能します。

イ 計画期間

 本計画の計画期間は,平成14年(2002年)から平成19年(2007年)までの6ヵ年とします。 

関連情報

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ