ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第1章 (1)計画の策定趣旨

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日
広島県では平成13(2001)年度,近年の情報化の進展を踏まえた県の取組の全体像を「ITひろしま行動計画2005」にまとめ,また,これを受けて,電子県庁構築のための「広島県行政情報化推進計画」を定めました。この中で,県が行う工事発注や業務委託,物品購入などの調達の分野においても,積極的に電子化を推進することとしています。
 国は公共事業支援統合情報システム(CALS/EC)の導入に向けて,2003年度電子入札全面導入を始めとする積極的な取組を自ら進めるとともに,地方展開アクションプログラム等を定めて,県や市町村等の地方公共団体に,その着実かつ早急な導入を要請しており,県としてもこれへの対応が求められている状況にあります。
 本計画は,これらの上位計画に基づき,本県における「調達」の電子化を進めていく上での基本的な枠組みとなるものです。

関連情報

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする