ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 土木・建築関係 > 建設業 > 経営事項審査(経営規模等評価及び総合評定値)に係る個人情報の取扱いについて

経営事項審査(経営規模等評価及び総合評定値)に係る個人情報の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年1月29日更新

【経営事項審査(経営規模等評価及び総合評定値)申請に係る個人情報の利用目的等】

  広島県知事及び国土交通大臣が,建設業法第 27 条の 26 の規定に基づき提出される経営規模等評価の申請書及び第 27 条の 29 の規定に基づき提出される総合評定値の請求(以下「経営事項審査申請等」という。)により取得する個人情報は,次のとおり利用し,第三者に提供します。

  1. 経営事項審査申請等の審査事務
  2. 経営事項審査申請等を行った者に対する指導監督等の事務

【経営事項審査(経営規模等評価及び総合評定値)の審査結果に係る個人情報の利用目的等】

  広島県知事及び国土交通大臣が,建設業法第 27 条の 26 の規定に基づき提出された経営規模等評価の申請及び第 27 条の 29 の規定に基づき提出される総合評定値の請求により提出された申請等の審査結果(以下「経営事項審査審査結果」という。)に作成する個人情報は,次のとおり利用し,第三者に提供します。

  1. 国,地方公共団体及び建設業法施行令第 27 条の2に規定する法人に対する経営事項審査審査結果の通知(公共工事発注支援データベースシステムにより提供するものを含みます。)
  2. 経営事項審査審査結果の公表及び閲覧(公表及び閲覧は,財団法人建設業情報管理センターに委任しており,同センターにおいて行っております。)
  3. 経営事項審査審査結果を受けた者に対する指導監督等の事務
  4. 行政機関が保有する個人情報の保護に関する法律第8条第2項に規定による次の利用又は提供
    [1] 本人の同意があるとき,又は本人に提供するとき
    [2] 広島県知事及び国土交通大臣が法令に定める所掌事務の遂行に必要な限度での利用するとき
    [3] 他の行政機関,独立行政法人等,地方公共団体又は地方独立行政法人が,法令の定める事務又は業務の遂行に必要な限度で利用するとき
    [4] 専ら統計の作成又は学術研究の目的のために提供するとき
    [5] 本人以外の者に提供することが明らかに本人の利益になるとき
    [6] その他提供することについて特別の理由があるときの提供

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ