ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農山漁村地域整備交付金(水産)の整備計画と事前評価結果について

印刷用ページを表示する掲載日2012年6月15日
 農山漁村地域整備交付金実施要綱(平成22年4月1日付け21農振第2453号)に基づき,農村地域の計画を取りまとめた,農山漁村地域整備計画及び事前評価結果を公表します。

1)概要

 漁村地域整備の目標を記載した「2020広島県農林水産業チャレンジプラン」を策定し,これに基づき水産基盤整備や漁港海岸保全施設整備にかかる事業を実施します。

2)整備計画の目標,評価の指標

 広島県では,2020広島県新農林水産業チャレンジプラン(平成22年12月策定)において,「産業として自立できる農林水産業の確立」を最大の目標として農林水産業の構造改革を進めています。
 漁港・漁場関係事業についても,水産業の構造改革に直結した整備となるよう,「担い手育成対策」を中心に施策展開しており,漁業集落環境整備,漁場環境整備,海岸保全施設整備などの実施により,計画の評価指標に掲げる,「漁村の集落定住人口の増加」「操業の効率化及び漁場環境の維持・回復による漁場の生産量の向上」「高潮被害から防護できる面積の増加」を推進するとともに,漁村環境の改善,安全・安心の確保を図っていきます。

3)整備計画の事前評価

以下の視点で評価を行なっています。
  目標の妥当性
  整備計画の効率性
  整備計画の実現可能性
※ 計画の詳細については,以下のファイルを参照いただくか,下記にお問い合わせください。

ダウンロード

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする