ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ライフジャケットの着用が義務化されました

印刷用ページを表示する掲載日2018年2月1日

平成30年2月1日以降,20トン未満の小型漁船の場合,全ての乗船者にライフジャケットの着用が義務付けられました。

 従前は航行中の小型漁船に一人で乗船して漁ろうに従事する場合,ライフジャケットの着用が義務付けられていましたが,平成30年2月1日以降,2人以上の乗船などの場合も暴露甲板にいる場合,ライフジャケットの着用が義務づけられました。

着用義務に違反した場合,違反した船長には違反点数が課され,再教育教習,業務停止の対象になります。

(船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則の改正による)

  ライフジャケットを着用すると海中に転落した際に生きて救助される可能性が非常に高くなります。
 (ライフジャケット着用の場合の生存率は,非着用の場合の3倍となっています。)

 自分の身は自分で守るということから,ライフジャケットを着用しましょう。

ダウンロード

ライフジャケットの着用義務化について(パンフレット) (PDFファイル)(389KB) 
Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする