ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

マダイ

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日
マダイの写真  広島県では昔から呉市豊浜町などでマダイの一本釣り漁が盛んなほか,アビ漁(呉市),能地の浮き鯛(三原市),鞆の鯛網(福山市)など伝統的な漁法も伝えられています。
  「鯛そうめん」,「鯛飯」などの郷土料理としても県民にも馴染みの深い魚で,平成20年(2008)は405トンが漁獲されています。
  また,全国各地で早くから種苗放流などが行われる中,広島県では港内に放流したマダイに一定期間餌を与えて周辺への定着を図る「港内飼い付け」,平成6年に大崎上島町の沖合に完成した瀬戸内海初の「海洋牧場」により,全国の注目を集めています。海洋牧場は平成10年に呉市豊浜町沖合にも完成しています。

関連情報

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする