ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 林業 > 広島県県営林でカーボン・オフセットクレジット(J-VER)を取得しました
現在地トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 環境 > 地球温暖化・省エネ > 広島県県営林でカーボン・オフセットクレジット(J-VER)を取得しました
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 入札・契約 > 入札契約情報 > 広島県県営林でカーボン・オフセットクレジット(J-VER)を取得しました

広島県県営林でカーボン・オフセットクレジット(J-VER)を取得しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年8月3日更新
 広島県は,山県郡北広島町の「県営林重之尾(しげのお)事業区」の間伐プロジェクトで,カーボン・オフセットに使えるクレジット「J-VER(ジェイバー)」を取得しました。

カーボン・オフセットについて

 カーボン・オフセットとは,企業などの活動で発生する温室効果ガスの排出量のうち,削減努力をしても削減できない分の全部または一部を,森林による吸収量や別の場所での排出削減量によりオフセット(埋め合わせ)することです。

オフセット・クレジット(J-VER)について

 オフセット・クレジット(J-VER)制度は,環境省が認証と発行を行っている制度で,国内で実施される温室効果ガス排出削減・吸収プロジェクトにより実現された排出削減量・吸収量を第三者機関により検証し,カーボン・オフセットに用いるクレジットにしたもので、平成20年11月に創設されました。
 J-VERとはこのクレジットの名称で,環境省が設けた専用の登録簿口座により管理されています。
 *J-VERはJapan Verified Emission Reduction の略です。

広島県県営林について

 広島県県営林は,森林経営の規範を示すとともに県有財産の造成を目的として,明治40(西暦1907)年から開始されました。県営林には,民有林に広島県が地上権を設定して県が造林を行う「県行造林」と,広島県の所有地で造林する「県有林」があり,平成24年度には県内全域で66事業区(うち県有林6事業区),合計面積5,736ha(うち県有林1,556ha)を経営管理しています。
*1ha(ヘクタール)は1万平方メートル(100m×100m)の広さです。

広島県県営林での「芸北水源の森 森林吸収プロジェクト」について

 広島県では,山県郡北広島町にある「県営林重之尾事業区」において温室効果ガス吸収プロジェクトを実施しました。

◆プロジェクト名

芸北水源の森 森林吸収プロジェクト (登録番号0168)

◆県営林重之尾事業区について

 県営林重之尾事業区は,広島県北西部の北広島町にあり,広島湾に注ぐ太田川の源流近くに位置しています。経営面積約202haの区域にヒノキ人工林とミズナラなどの広葉樹林が成育して,豊かな水を育んでいます。
県営林重之尾事業区の位置(山県郡北広島町)
県営林重之尾事業区の位置

太田川の水源を育む森林

重之尾事業区ヒノキ林

重之尾事業区のヒノキ林

源流域の広葉樹林

広葉樹林と渓流

◆プロジェクト内容

 県営林重之尾事業区のヒノキ林(28~36年生)について,平成23年9月~12月に保育間伐を面積44.14haで実施しました。
 適用方法論名称:森林経営活動によるCo2吸収量の増大(間伐促進型プロジェクト)

間伐の実施状況
間伐前伐倒作業枝払い玉切り間伐後

間伐前

伐倒作業

枝払い玉切り

間伐後

◆モニタリングの実施

 第三者機関による検証を実施し,間伐により増加した二酸化炭素吸収量を算定しました。
モニタリングの実施状況
区域面積確認GPS位置確認樹高測定本数直径調査

区域面積確認

GPSによる位置確認

樹高の測定

本数や直径の調査

◆オフセット・クレジットJ-VERの発行量

 平成23年度分 185t-Co2(二酸化炭素トン) うちバッファー分:5t-Co2
 平成24年度分 253t-Co2 うちバッファー分:7t-Co2
 平成25年度分 177t-Co2 うちバッファー分:5t-Co2
 平成26年度分 238t-Co2 うちバッファー分:7t-Co2

広島県県営林J-VERの販売について

広島県は県営林J-VERを販売します。詳細は広島県のホームページ上で公開します。
 販売で得られた収益は,新たな森林整備に使っていきます。
 地球温暖化防止と水源林の育成につながる県営林J-VERを,CSR活動や新たな商品,サービスなどにご活用ください。

●第1期~第3期募集は終了しました。
 ★第1期販売量 180t-Co2 募集内容は>こちら(リンク:広島県ホームページ)
 ★第2期販売量 246t-Co2 募集内容は>こちら(リンク:広島県ホームページ)
 ★第3期販売量 172t-Co2 募集内容は>こちら(リンク:広島県ホームページ)

●マツダスタジアムで「森を育てるカーボンオフセット記念セレモニー」を開催しました!

 ★記念セレモニーについては >こちら(リンク:広島県ホームページ)

●第4期募集販売量231t-Co2
 ★平成26年度第4期募集をはじめました。
 ★第4期募集分の販売状況は >こちら(リンク:広島県ホームページ)

オフセット・クレジットJ-VERを活用したカーボン・オフセットの取組み

 オフセット・クレジットJ-VERを使ったカーボン・オフセットの取組みには様々なものがあります。県営林J-VERをぜひご活用ください。
 ●CSR活動:工場での生産,事務所の電力使用,営業車などにより排出されるCo2のオフセット。
 ●商品やサービスに付加:エコロジーに配慮した製品であることをアピール。
 ●イベントや研修会での使用:交通移動や電力使用,配布資料のオフセットでイメージアップ。

◆カーボンオフセットに使用(使用事例の紹介)

◆法令における温室効果ガス排出量の埋め合わせとして使用

◎「地球温暖化対策の推進に関する法律」(温対法)での使用
「温対法」における温室効果ガス排出量の算定・報告・公表制度において,J-VERを調整後排出量の算定に使用できます。
◎「広島県生活環境の保全等に関する条例」での使用
「温室効果ガス削減計画書」および「温室効果ガス削減実施状況報告書」の作成にあたり,J-VER使用量を温室効果ガスみなし排出量の抑制に関する取組み(環境価値の活用等)に記載できるとともに,温室効果ガスみなし排出量の算定にも使用できます。
◎「広島市地球温暖化対策等の推進に関する条例」での使用
「事業活動環境計画書・報告書」の作成にあたり,温室効果ガスみなし排出量の抑制に関する措置の実施状況(環境価値の活用等)に,J-VER使用量を記載でき,温室効果ガスみなし排出量の算定に使用できます。

関連情報(外部リンク)

ダウンロード

お問合せ先

広島県県営林J-VERに関するお問い合わせは以下にお願いします。
●森林保全課 公有林管理グループ
 電話:082-513-3694(ダイヤルイン)
 Fax:082-223-3583
 住所:〒730-8511広島市中区基町10番52号

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ