ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 林業課 > 森林整備加速化・林業再生基金事業の実施状況等(平成24~28年度)について

森林整備加速化・林業再生基金事業の実施状況等(平成24~28年度)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年8月20日更新

1 国の施策の方針

(1)復興木材安定供給対策

 復興に必要な木材を安定供給するために必要な搬出間伐の実施,路網や木材加工施設の整備等川上から川下にいたる総合的な取組を支援します。

(2)森林・林業人材育成加速化事業

 都道府県段階での地域の実状を踏まえた取組を支援することで,森林・林業の再生に必要な人材育成の加速化を図ります。

(3)強い林業・木材産業構築緊急対策

 輸入木材に対抗し得る強い林業・木材産業を構築するため、木造公共施設やバイオマス利活用施設の整備等の需要拡大と、原木の需給情報システムの整備や金融対策等の経営基盤強化対策を活用して需要に応じた機動的な生産体制を構築する総合的な取組を支援します。

(4)林業成長産業化総合対策

 消費税率引上げに伴う木材需要の反動減を回避し、林業・木材産業の成長産業化を実現するため、木材需要の創出、国産材の安定的・効率的な供給体制の構築、持続的な林業経営の構築など、総合的な対策を緊急に実施します。

(5)森林整備加速化・林業再生対策

 地域の創意工夫を活かし、木材の需要拡大、安定的・効率的な地域材の生産・供給体制の構築及び持続的な林業経営の確立に向けた総合的な対策を緊急に支援します。

2 広島県の施策の方針

 「2020広島県農林水産業チャレンジプラン」に基づき,林業の構造改革を目指した「効率的な木材生産体制の構築」,「県内経済に貢献できる流通・加工体制の実現」を基本方針に,健全で活力ある森林整備及び低コスト林業団地の整備を進め,効率的で持続可能な林業経営の確立を目指すとともに,林業事業体の育成・強化,木材流通の効率化と木材利用の拡大を図る施策を進めます。 

具体的には, 

・ 主要林業地において,森林組合等が小規模零細な私有林を長期に施業を受託して集約化し,地域が一体となって効率化を図る林業経営に取り組む仕組みを確立し,効率的な林業経営による計画的な間伐等の実施により安定的な木材生産を目指します。 

・ 長期施業受託により団地化した森林である「低コスト林業団地」から提案型集約化施業により集約化を推進していくため,集約化を担う人材である「森林施業プランナー」の確保・育成を図ります。また,集約化した施業地から効率的な木材生産体制を構築していくために,路網の整備高性能林業機械の導入を進めていくとともに,路網整備を担う人材である「森林作業道作設オペレーター」の確保・育成と木材生産を担う人材である現場技能者の確保・育成を図ります。 

・ 私有林,公有林が一体となり製材工場等に県産材を安定的に供給する体制を構築するとともに,流通・加工の効率化を図り,産業として自立できる林業経営を確立します。
・ 木材加工流通施設整備やバイオマス利用施設整備などに支援することにより,県産材を最大限利用する仕組を作ります。

事業の全体目標
全体指標目標値
スギ・ヒノキの素材生産量37.7万m3 (H31年度)

3 復興に必要な木材の安定供給に関する考え方

 「2020広島県農林水産業チャレンジプラン」に基づき,木材生産量を大幅に増大させ,県内で構築した流通システムを利用し,木材集出荷施設を中心とした集荷体制の強化を図ります。
 特に,木材集出荷施設と併設している大型国産材製材工場での製材量の増大による県産材製材品の安定供給体制の強化を図ります。

4 事業期間

 平成24年度から平成28年度まで

5 事業実施状況

 下記添付ファイル「事業実施状況(H24~28年度)」をご確認ください。

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ