ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高級和牛肉としての「広島牛」

印刷用ページを表示する掲載日2012年8月15日

  数多くの生産者の細やかな心配りと,地域が一体となった計画的な育種によって優れた和牛としての改良が進められてきた「広島牛」。 枝肉写真

 その肉質の特長は,筋繊維が細かく,無駄な脂肪が少ないことがあげられます。また,小さな「サシ」が細かく入っており,ロース芯が太いこともポイントです。
 そして,その味は,和牛ならではの繊細な味わいに,深い「コク」と豊かな風味が加わった「広島牛」独特のもので,やわらかい舌ざわりに,上品な脂肪の香りがとけあい,まろやかさを醸し出しており,「コク」の深さは,牛肉本来のおいしさを教えてくれるものです。

 そんな「広島牛」を味わいたい方は「広島牛特産化促進対策協議会」外部リンクのホームページをチェックしてみてください。 広島牛ロゴマーク

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする