ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

蜜蜂を飼育する方へ ~蜜蜂飼育届の提出が義務づけられました~

印刷用ページを表示する掲載日2016年12月6日

改正養蜂振興法が平成25年1月1日に施行されました

蜜蜂を飼育する方へ(必要な手続きについて)

 今までは「養蜂業者」に義務づけられていた「蜜蜂飼育届」の提出について,蜜蜂を飼育する場合は趣味であっても提出が必要になります。

 届出には手数料はかかりません。

 蜜蜂を飼育する方は,毎年1月末までに,お住まいを管轄する県畜産事務所へ,「蜜蜂飼育届」の提出をお願いします。

      届出の様式はこちら 

 また,蜜蜂を移動して飼育する場合には,転飼許可申請書の提出も必要です。

      申請書の様式はこちら (Wordファイル) 

      提出先はこちら  

                         みつばち

蜜蜂を飼育するに当たっての留意点などについて

 蜜蜂を飼育される方は,次のガイドラインを参考にして,蜜源植物の分布に配慮した適正な蜂群の配置調整のもとで,蜜蜂の病気などを発生させない適切な管理や周辺環境に配慮した巣箱の設置などにより,住民やほかの蜜蜂飼育者との間にトラブルが起きないよう,ご注意ください。

 『広島県養蜂ガイドライン』 (Wordファイル)(148KB)

  『蜜蜂飼育者の皆さんへ』(リーフレット) (Wordファイル)(40KB)

 ◎蜜蜂の巣分れへの対応

   市街地やその近郊に蜂の巣箱を置く場合には,女王蜂を捕獲する器具を巣箱の出入口に取り付ける,あるいは,人為的に分蜂を行い,その蜂群を新たな巣箱に収容する等により,蜂群の管理を徹底するようにしてください。

園芸農家の皆様へ

 花粉交配用として,交配期間のみ蜜蜂を飼育する場合は,「蜜蜂飼育届」の提出は不要です。

 ただし,通年飼育する場合や蜂蜜などを販売する場合は飼育届が必要となりますので,ご注意ください。

蜜蜂の衛生的な管理をお願いします 

 改正養蜂振興法では,「蜜蜂の飼育を行う者は,衛生的な飼養管理を行うなど蜜蜂の適切な管理に努めるものとする」とされています。

 飼育している蜜蜂の観察を行い,異常があれば管轄の畜産事務所へ連絡してください。 みつばち

問い合わせ先

 改正養蜂振興法や蜜蜂飼育届の内容については,農林水産局畜産課または各畜産事務所へお問い合わせください。

 ○ 農林水産局畜産課 畜産経営グループ 電話082-513-3604

 ○ 各畜産事務所はこちら

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする