ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

消費・安全対策交付金 交付対象事業事後評価の公表について

印刷用ページを表示する掲載日2017年12月6日

 広島県において,将来にわたり安全な食料の安定供給を確保していくために,食料供給の各段階において,科学的知見に基づく適切なリスク管理の取組や,消費者が信頼できる食料の安定供給体制の整備など,消費・安全対策交付金の各種施策に取り組んでいます。

事後評価の公表について

実施した事業について,事後評価を行いましたので,消費・安全対策交付金実施要綱に基づき公表します。

事後評価の方法

消費・安全対策交付金実施要領に基づき,次のとおり総合評価を行いました。

1 目標ごとに,当初設定した目標値に対する達成度(実績値/目標値)を算出しました。
2 1で算出した目標ごとの達成度を,各目標ごとの交付金の執行額で加重平均し,総合的な達成度を算出し,その結果を次の基準に当てはめて,総合評価を行いました。

総合評価

基準

A

達成度の平均が80%以上

B

達成度の平均が50%以上80%未満

C

達成度の平均が50%未満

事後評価の結果

平成28年度消費・安全対策交付金(食料安全保障確立対策推進交付金)の事後評価の結果
【 総合評価 : A  】

詳細については,次のファイルをご覧ください。

このページに関連する情報

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする