ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

耕畜連携とは

印刷用ページを表示する掲載日2014年8月27日

耕畜連携

 米や野菜等を生産している耕種農家へ畜産農家から堆肥を供給したり,逆に転作田等で飼料作物を生産し,畜産農家の家畜の飼料として供給する等,耕種サイドと畜産サイドの連携を図ること。中でも飼料イネは,転作田を水田として利用でき,かつ稲作用機械で管理できることから,作付面積が急激に拡大し,注目されている。

 耕畜連携による水田を活用した飼料生産の取組み (WCS用稲「たちすずか」生産・給与技術マニュアル)【広島県畜産振興協議会】

 耕畜連携ポスター

 ※添付の資料はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます。

水田放牧

  「だれでも,どこでも,かんたんに」取り組める和牛放牧で,遊休農地が美しい農村風景へとよみがえり,畜産振興にも一役買っています。
 放牧ポスター 
 ※添付の資料はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます。


ダウンロード

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする