ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 農業技術課 > 第32回バイオテクノロジー研究成果発表会の開催について

第32回バイオテクノロジー研究成果発表会の開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月12日更新

【広島バイオテクノロジー推進協議会】第32回バイオテクノロジー研究成果発表会が開催されます

1.日時

平成30年2月5日(月曜日)13時00分から16時30分

2.場所

合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市まちづくり市民交流プラザ)(広島市中区袋町6番36号)

3.主催

広島バイオテクノロジー推進協議会

4.講演内容

(1)枝内水分の非破壊測定方法の開発 13時05分~13時25分
 広島県立西条農業高など学校 園芸科
 中本 要*,堤田 祐斗*,御畑 留菜*

(2)トマトにおけるアスコルビン酸生合成酵素ガラクツロン酸レダクターゼの
遺伝子発現機構 13時30分~13時50分
 広島大学 大学院生物圏科学研究科 酵素化学研究室
 末川 麻里奈*,藤川 愉吉,江坂 宗春

(3)Isolation and characterization of the ornithine-high producing lactic acid bacteria
(和訳)オルニチンを高生産する植物乳酸菌の分離および同定とその特徴 13時55分~14時15分
 広島大学 大学院医歯薬保健学研究科 未病・予防医学共同研究講座
 MD RAKHIMUZZAMAN (エムディー ラキムジャマン) *,野田 正文
Narandalai Danshiitsoodol,東川 史子,杉山 政則

(4)食品添加物由来の新規忌避剤によるトマトの虫媒ウイルス病防除技術 14時20分~14時40分
 広島県立総合技術研究所農業技術センター 生産環境研究部
 松浦 昌平* ,加嶋 崇これ(石原産業株式会社),北村 登史雄(農研機構九州沖縄
農業研究センター),安部 洋(理研バイオリソースセンター)

(5)イヌビワとの種間交雑体を用いたイチジク株枯病抵抗性台木の開発経緯と今後の取り組み 14時55分~15時15分
 広島県立総合技術研究所農業技術センター 果樹研究部
 森田 剛成*,軸丸 祥大,薬師寺 博((国開)農業・食品産業技術総合研究機構
果樹茶業研究部門),山崎 安津(同)

(6)ダイレクト移植可能な融解生存性が高い牛胚保存・移植器具の開発 15時20分~15時40分
広島県立総合技術研究所畜産技術センター 育種繁殖研究部
 日高 健雅*,福本 豊,山本 哲史,山本 祐輔,今井 昭,森本 和秀,横田 文彦,尾形 康弘

(7)特殊肥料「アオウキクサ発酵堆肥の製造」について 15時45分~16時00分
 株式会社資生堂フロンティアサイエンス事業部
 高橋 晴人,岡田 健*

(8)丸善製薬のバイオへの取り組み,及び,アオウキクサ栽培とKODA産生条件を開発
 し特殊肥料「アオウキクサ発酵堆肥」に 16時00分~16時25分
 丸善製薬(株) 研究開発本部 総合研究所
 田村 幸吉*,大野 裕和,新穂 大介

5.参加費

無料
定員100名

6.お申し込み方法

以下の申込用紙によりFaxまたは参加申込書の内容をメールでお申し込みください。
※申込み多数の場合,参加をお断りすることがありますので,御了承ください。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ