ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

農地中間管理事業の推進について

印刷用ページを表示する掲載日2018年6月7日

農地中間管理事業とは

 農業の生産性を高め,競争力を強化していくためには,担い手への農地集積と集約化をスピードアップし,生産コストを削減していく必要があります。
 農地中間管理事業は,担い手の経営規模の拡大,農用地などの集団化,新規参入の促進,未活用農用地の有効活用を目的に,高齢などを理由に農業をリタイアする農業者などの農用地を農地中間管理機構が集積して,担い手に貸付ける事業です。

「広島県農地中間管理事業の推進に関する基本方針」の制定

 「農地中間管理事業の推進に関する法律」第3条に基づき,広島県において,効率的かつ安定的な農業経営を営む者(以下「担い手」という。)が利用する農用地の面積の目標,農地中間管理事業の推進に関する基本的な方向等について定めたものです。

広島県農地中間管理事業等基金に係る基本事項の公表について

市町毎の人と農地の状況の公表について

 広島県県内における人・農地プランの作成状況,担い手への農地集積の状況,耕作放棄地解消の状況,農地中間管理機構の利用状況について,関係市町毎にとりまとめたものです。

農地中間管理機構

 機構は,農用地の利用の効率化及び高度化の促進を図るため,担い手に農用地を集積・集約する事業を行う者で,都道府県毎に設置されます。
 広島県は,平成26年3月26日に,一般財団法人森林整備・農業振興財団を機構に指定しました。
 これにより,当該法人は,平成26年4月から,農地中間管理事業の業務を開始しています。
 機構の主な機能として,(1)所有者が貸付けを希望している農用地と,農用地の借受けを希望している担い手をマッチングさせる。(2)所有者から農用地を借受けた上で,担い手に貸付けを行います。
 機構がこれらの機能を果たすことにより,農用地の所有者は安心して貸付けることができ,担い手は,農用地を探す手間が軽減され,また,まとまった農用地の借受けが容易になります。
 農用地を貸したい方,借りたい方の手続き等については,農地中間管理機構のホームページをご覧ください。
Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする