ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

県職員の仕事と子育て両立支援プログラムの紹介

印刷用ページを表示する掲載日2015年4月1日

「次世代育成支援対策推進法」が平成15年7月に公布されました。この法律では,次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ,育成される社会を形成するため,国として取組むとともに,地方公共団体も,職員を雇用する事業主の立場から,平成16年度末までに特定事業主行動計画を策定することとされています。
  そこで広島県では,本県の職員を対象とした 「 県職員の仕事と子育て両立支援プログラム 」 を策定しました。
  このプログラムでは,仕事にも子育てにも夢が持てる職場環境を県庁全体でつくっていくことを目的としています。

  なお,16年度に策定したプログラムを19年度,22年度に見直し,平成27年度からは第4期計画に基づいて実施することとしました。

※プログラムの内容はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます


ダウンロード

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする