ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 救急・災害医療・地域医療 > AED(自動体外式除細動器)設置情報&AED設置者へのお願い

AED(自動体外式除細動器)設置情報&AED設置者へのお願い

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月14日更新

AED(自動体外式除細動器)設置情報

AEDとは

 AEDとは、Automated External Defibrillator(自動体外式除細動器)の略で、電源を入れると音声で操作が指示され、救助者がそれに従って 除細動 (= 傷病者の心臓に電気ショックを与えること)を行う装置です。AEDは自動的に心電図を診断し、電気ショックを与える必要があるかどうかを判断しますので、医学的な知識が少ない一般市民でも音声ガイダンスに沿った操作で救命処置ができます。

 初めての人でも使うことができますが、人が倒れたときなどは、なかなか冷静に動けないものです。AEDの使い方だけでなく,119番への通報や心臓マッサージ(胸骨圧迫)なども含め、消防署や講習会などで一度、救命救急の方法を経験してみませんか。

AED設置県有施設など一覧

AED設置登録情報(日本救急医療財団AEDマップ)

*AEDマップの登録情報は,登録者から日本救急財団HPにて公開することの同意を得ているものです。

「広島県AEDマップ」で県内のAED設置情報が検索できます。


〇マップ上のピン(アイコン)をクリックすると,次の詳細情報が表示されます。

名称 / AED登録場所 / 施設内AED設置場所(登録されている場合)

〇精度

精度AAed precision a 「点検担当者の配置あり」、「新規登録日(情報更新日を含む)から2年未満」及び「ピンの移動歴あり」
精度BAed precision b 「点検担当者の配置あり」及び「新規登録日(情報更新日を含む)から2年以上4年未満を経過」、ただし、ピンの移動歴は問わない
精度CAed precision c 「点検担当者の配置なし」または「新規登録日(情報更新日を含む)から4年以上を経過」


全国のAED設置情報については,「全国AEDマップ」で検索できます。

AED(自動体外式除細動器)の設置者及び購入者の方へ

 AEDが,「そこにあり,使える」状態にあるためには,具体的な設置場所,使用の可否に係る情報が重要で,設置者が登録すべき事項が増え,また,適切に情報が更新されるよう,設置者が直接「日本救急医療財団HP」に登録及び更新することとなりました。その登録内容が信頼度(精度)として明示されます。

 救急救命率向上のため,既にAED設置情報を登録している方は追加事項を登録いただき,まだ登録していいない方は新規登録していただきますよう,よろしくお願いいたします。

《登録方法》

AEDの点検・管理等について

 緊急時に,AEDを正常にご使用いただくため,日ごろからAEDの点検が必要です。AED本体のインジケータを確認したり,電ごくパッドやバッテリなどの消耗品の交換期限を把握するなど,日常点検を実施する「点検管理者」の配置が重要です。

AED設置登録情報(日本救急医療財団AEDマップ)

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ